日産『KICKS(キックス)』は爽快な走りとプレミアム感溢れる質感が魅力のコンパクトSUV|試乗記

2020年6月、日産にとって国内10年振りのニューモデルとなる『キックス』がデビューしました。

さて、ここはどこでしょう? 答えは下の走りのインプレ部分で

えっ? 10年間も新型車、出てなかったっけ? …と思ったけど、確かに『ルークス』は『デイズルークス』からのモデルチェンジだし、『ノート e-POWER』はもともと『ノート』があったし…。10年前って何だっけ?と思って調べたら『リーフ』でした。

それ以来の新型車なんですね。

さて、今回は新潟日産モーター「は〜とぴあ三条」さんから試乗車を借りてドライブ。

グレードは『Xツートーン インテリアエディション』。カラーはプレミアムホライズンオレンジとピュアブラックの2トーン。

ちなみに『キックス』のグレードは、『X』と『Xツートーン インテリアエディション』の2つだけ。

パワートレインは『e-POWER』のみで、駆動方式は2WDのみ。分かりやすいです。

ちなみに、『X』と『Xツートーン インテリアエディション』には11万円の差がありますが、違いは内装カラーやシート素材、そして前席のヒーター付シートとステアリングヒーターがオプションになっている点です。

さて、まずは外観から。

フロントマスクはひと目で日産車であることを感じさせるダブルVモーショングリルを採用。アクティブかつ洗練されたデザインが特徴で、目の前にするとカタログで見る以上の立体感と存在感があるります。

ヘッドライトは見る位置によって印象が異なると思いました。

正面に立って、こんな目線でみるとスズメバチの目みたいね

スポーティなエクステリアに対して、インテリアはプレミアムなムードも漂っています。

肌触りのいいシートをはじめ、随所にダブルステッチで上質感を演出。インパネと一体感のある9インチモニターや使いやすくグルーピングされたスイッチ類など、シームレスな造りでクオリティの高さが印象的。

後席に座ろうと後席ドアを開けると、重みのある運転席ドアよりはるかに軽くて開け閉めしやすい。

ニールームは約60cmの広さを確保。大人でも十分余裕があります。

そして荷室は、結構奥行きがありました。Mサイズスーツケースが4個入るそうです。十分ですね。

最大出力が20%UPした「e-POWER」

さて、ドライブへ。運転席は見晴らしがよく視界は良好。

ルームミラーを調整しようとしたら、試乗車はインテリジェント ルームミラー(オプション)を装着していました。

大きな荷物を積んだり大雨など後方の視界がよくないとき、車両後方のカメラ映像をミラー面に映し出すので、いつでもクリアな後方視界が得られます。多少慣れが必要でしょうけどね。

上写真がカメラ映像

『キックス』は冒頭で書いたとおり、エンジンで発電してモーターで駆動する「e-POWER」を搭載していますが、これまでよりもモーターの最大出力を20%向上させたそうです。さて、体感的にはいかに。

今回は、三条市総合運動公園までドライブしてきました。

ショールームを出発直後、トルク十分なスタートダッシュに少々びっくり。走行中の加速など、あらゆるシーンで爽快な走りが楽しめました。

カタログを見たら、モーターの最大トルクは26.5kgf・m。…ってことは感覚的には2800cc自然吸気エンジン的かな。

それを発進後すぐの500回転から発生するから、そりゃあ十分だわ。車重は1350kgですし。

また、アクセルペダルの踏み戻しだけで車速をコントロールできる「e-POWERドライブ」では、ワンペダル感覚の運転ができブレーキを踏む回数が減ってラクです。

普段、5MT車に乗っている自分にとっては、Sモードの「e-POWERドライブ」でなく、ECOモードでも十分なエンブレ感覚でした。

乗り心地は他のコンパクトSUV同様、乗用車的。

ハンドリングはシャープだけど、『CH-R』(←約3年半前のデビュー時の試乗記)よりマイルドで、『ヴェゼル』(←約2年半前のMC後の試乗記)よりスポーティな印象。

搭載されるエンジンは1200ccでレギュラーガソリン仕様。

燃費はWLTCモードでリッターあたり21.6km。市街地モードなら26.8kmと立派。ちなみにJC08モードなら30.0km。このパワー感でこの低燃費は十分だと思います。

走行中はいたって静か。モーターの回転音+随時エンジン回転音。

これまでの「e-POWER」より、エンジンの作動音減少や車体の遮音性向上、エンジンが作動する回数や時間を減らしたことで静粛性を高めたそうです。

発電用にエンジンが作動したときは音が少し聞こえるけど、振動などは感じられません。

さらに人間工学に基づいた「ゼログラビティシート」を採用しているので長時間ドライブも快適です。

そして『キックス』は先進装備も自慢。

長距離運転や渋滞などのストレスを軽減する運転支援技術「プロパイロット」を標準装備。

ミリ波レーダーの採用により、これまでより遠くの先行者の状況を検知し、よりスムーズな制御が可能となりました。

さらに車両や歩行者との衝突回避や衝突による被害軽減を支援する「インテリジェンス エマージェンシーブレーキ」、ブレーキペダルと間違えてアクセルペダルを踏み込んだときエンジン出力を抑制してブレーキを制御する「踏み間違い衝突防止アシスト」などを採用。

また、事故の際に自動通報してくれ、あおり運転に遭遇した際には手動で通報できる「SOSコール」なども標準装備しています。

先進装備や安全装備がオプションではなく、標準装備というのが嬉しいですね。

今話題のクルマですが、新潟県内なら、4WDが出たらさらに上の世代にも売れるだろうなぁ。


【お知らせ】

●当サイト「Car&Life Niigata」ではFacebookTwitterをやっています。

Car&Life Niigataで掲載した新車情報や、ドライブ&グルメ情報など、新潟のカーライフ情報をアップしたら随時FacebookやTwitterでもお知らせしています。

ぜひフォローや「いいね!」をお願いします!

●最近の注目記事を見る

【ドライブ×ラーメン】2020年上半期 新顔ピックアップ|県内10選

高速道路料金が割引されるドラ割『新潟観光ドライブパス』

斜め後ろからの眺めが最高! 新型『ハリアー』はしなやかで静かな走りが魅力|試乗記

アバター by
Car&Life Niigataの編集長。兼、新潟の情報誌『月刊にいがた』の編集部員。広告営業をメインに、カーライフ誌面「このクルマ このシーン」などを担当。編集部イチのクルマ好き。入社以来24年、どんなに歳を重ねようがあだ名は「ヤング」。「新潟版図柄入りナンバープレート検討委員会」の委員を務めた。
SNSでフォローする