斜め後ろからの眺めが最高! 新型『ハリアー』はしなやかで静かな走りが魅力|試乗記

2020年6月17日、新型トヨタ『ハリアー』がデビューしたので試乗してきました。

車両をお借りしたのはネッツトヨタ新潟 新発田店さん。ガソリン仕様とハイブリッド仕様あるなか、試乗車はオプションの調光パノラマルーフを装着した上級グレード『Z』(ガソリン仕様)

さて、『ハリアー』といえば、堂々としたスタイルと独特の存在感が人気。

独特の存在感とは“唯一無二”感。レクサスのSUVよりも『ハリアー』というクルマが好きなんだ!…という熱烈なファンをもつ車両だと思います。

もはやトヨタというブランドすら超えて『ハリアー』を愛する方って確かにいますよね。

まるで野球の長嶋さんのよう。ジャイアンツという看板がなくても「長嶋茂雄」が大好きというね。

ちなみに私にとっては初代のテレビCM…「ライオンの男性」のイメージがいまだにあって、ハリアー=ライオン=百獣の王。つまりハリアー=SUVのキングのような存在感を抱いています。

もちろん他にも高級SUVはたくさんあるから、決してキングではないでしょうけれど。…ちょっと冒頭から『ハリアー』を持ち上げすぎかな。オーナーになったこともないですけどね。

そんな前置きはいいとして、まずは内外装から。

目つきの鋭さが印象的で、どことなくレクサスっぽさも漂うけど、とてもシャープで精悍。思わず「プロレススーパースター列伝」に描かれていたグレートカブキの表情を思い出しました。

二重のL字型に発光するシグネチャーランプが鋭さを際立たせているのではないでしょうか。

やっぱりライオンみたいな顔してる…

写真を見て「あれ、鷹のエンブレムがなくなった!」という方は鋭いです。今回からトヨタのエンブレムになりました。

これはコスト的なこと(ちなみに新型の車両価格は先代と同等レベル)や、トヨタ系全チャネルで販売することなどが関係していると思います。

でも、ご安心を。ドアを開けるとご覧の通り、内張りにデザインされていました。

また、個人的に最も印象的なのはリアビューの美しさ。

クーペのような流麗なフォルムに加え、この横長の細いテールランプとくびれ。ロー&ワイドが際立ってエレガントですよね。


この角度が一番かっこいいと思います

一方、室内はこんな感じ。

大らかさや逞しさが感じられる空間で、上質感たっぷりに仕上げられています。

『Z』に標準装備されているのは「T-Connect SDナビゲーションシステム+JBLプリミアムサウンド」。

ワイドな12.3インチのディスプレイは、横長の画面を2分割してナビ表示とユーザー操作用画面を表示するなど使いやすさに優れています。

また、8ウェイで最適なポジションを設定できるシートは、ゆったり座り心地も抜群。そのほか縫製など細部にわたり高級感が漂っています。

ちなみに2020年6月30日に試乗しました

そして新型『ハリアー』の注目装備のひとつが、トヨタ車初採用の調光パノラマルーフ(ガソリン/ハイブリッドの『Z』にオプション設定)。

電動シェードを開けるとガラスルーフが出てきますが、これがスイッチひとつで障子越しのようなやわらかい光になるんです。


通常時



こちらが調光時。分かりづらい? 快晴だったらなぁ…。スイッチひとつで一瞬で切り替わります

これ、どんなシーンにいいんだろ? と思ったけど、電動シェードを閉めているときを含めると、3タイプの光の調整ができるってこと。

気分やシチュエーションで室内の明るさを変えられるっていいですよね。例えば、夏場の強い日差しのときや、子供がもうすぐ眠たくなるようなときは調光状態にしておくとかね。

そして後席ですが当然広いです。

奥行きたっぷりのラゲッジスペースは9.5インチのゴルフバッグを3つ収容可能。さらにラゲッジ下にも収納スペースがありました。

ドライバーの目線の動きに着目したしなやかな足回り

さてドライブへ。今回は新発田城跡周辺とその郊外の幹線道路をドライブ。

TNGAプラットフォーム(GA-K)を採用し、高剛性&低重心化したそうです。

とはいえ、ステアリングにボディの強さや路面のダイレクト感が強く伝わってくるようなものではありません。

乗用車的でスポーティな『C-HR』のような乗り心地ではなく、乗り心地と本格走破性を両立した『RAV4』的でもなく、静粛性に優れたラグジュアリーで上質感ある走りです。

ドライバーの目線の動きに着目してサスペンションを最適化し、重厚感としなやかさを併せ持つ乗り心地を目指したそうですが、新発田市内の凹凸のある入り組んだ道路も、気持ちにゆとりをもってスムーズに走れました。

今回は街中メインのドライブでしたので、今度は高速道路を含めたロングドライブも試してみたいと思いました。

なお、試乗車は2.0ℓガソリンエンジン搭載車なので、80〜90kgくらい重いハイブリッド仕様では、また異なるフィールかもしれません。

なお、燃費は2.0ℓエンジン搭載のガソリン車が15.4km/ℓ(WTLC/2WD)。一方、2.5ℓエンジン搭載ハイブリッド仕様が22.3km/ℓ(WTLC/2WD)と、どちらも良好。

ハイオクではなくレギュラーなのもうれしいですね。

また、安全面では歩行者(昼夜)や自転車運転者(昼夜)を検知するプリクラッシュセーフティ採用のToyota Safety Senseを標準装備。

そしてデジタルインナーミラーは、前後方の映像をSDカードで録画できる機能が新たに搭載されました。


鏡面とデジタルは切り替えレバーで操作。後席に高い荷物を積んで後方が見えないときデジタルは便利

というわけで今回乗ってみて、新型になっても『ハリアー』らしさは健在だと思いました。

個人的な解釈ですが、もし自分がレクサスのSUVを運転していて、信号待ちで隣りにポルシェ『カイエン』が来たら、ちょっと意識してしまうけど、『ハリアー』の場合はそれが薄いというか(皆無ではないけどね)。

そんな唯一無二の存在感をもつクルマといえば、私のなかではジープ『ラングラー』ですが、国産車だと『ジムニー』くらいではないでしょうか(私もいつか欲しい一台)。

街を走っている姿を見ると、「おっ!」と思ってしまう。『ハリアー』は相変わらずそんな存在感と個性をもったクルマでした。


【お知らせ】

●当サイト「Car&Life Niigata」ではFacebookTwitterをやっています。

Car&Life Niigataで掲載した新車情報や、ドライブ&グルメ情報など、新潟のカーライフ情報をアップしたら随時FacebookやTwitterでもお知らせしています。

ぜひフォローや「いいね!」をお願いします!

●最近の注目記事を見る

新潟県警察が親子で交通安全を学べる動画を公開中

オンリーワンなユニークプリンを求めてドライブへ|新潟.阿賀野.長岡6選

アルビレックスレーシングチームが2020年全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権に参戦

アバター by
Car&Life Niigataの編集長。兼、新潟の情報誌『月刊にいがた』の編集部員。広告営業をメインに、カーライフ誌面「このクルマ このシーン」などを担当。編集部イチのクルマ好き。入社以来24年、どんなに歳を重ねようがあだ名は「ヤング」。「新潟版図柄入りナンバープレート検討委員会」の委員を務めた。
SNSでフォローする