【ドライブ×ラーメン】2020年上半期 新顔ピックアップ|県内10選

気づけば今年も半年、…いえ、もう7ヵ月が経ちましたね。

そこで上半期にオープンしたラーメン店を10店舗、セレクトして紹介します。

お盆に遠出する予定がない方、忙しくて遊ぶ暇なんてないよ…という方、ちょっと空き時間に、一杯のラーメンを求めてドライブしてみてはいかがでしょうか。

※月刊にいがた2020年3月号〜7月号「NEW OPEN」誌面より作成。内容や店舗データは取材当時のものです。お盆期間中のお休みや営業時間などは事前にご確認ください。

らーめん竜胆 長岡店

醸造の町、長岡市摂田屋に人気店・竜胆が登場

キリリとしたしょっぱさと優しさが同居する『醤油らーめん』(下写真・700円税込)を看板メニューに据えつつ、塩、味噌、背脂という王道ラインナップ。

『野菜みそらーめん』(下写真・830円税込)には地元の味噌製造会社、星野本店の味噌をブレンドして使用。

甘辛く炒めたひき肉が食欲を増長させる。『ちゃーしゅう丼』『そぼろ丼』とのセットメニューも用意。

らーめん竜胆 長岡店
長岡市摂田屋町766
tel.0258-94-5545
11:00~14:30(LO14:20)/17:30~21:00
火休(祝の場合は翌日)
席30
駐車場:共有

 

白夢

プロレス好き店主が作るシンプルな中華そば

「どう考えても、日本で一番ここ胎内が好きです」と、県内の人気店で修行したプロレス好き店主が地元・胎内市に凱旋。

動物系のあっさりスープに特注の中細麺を使用。

「バランスの取れたオーソドックスなラーメンです。普通においしいと言ってもらえれば…」と店主は控えめだが、食べごたえのあるチャーシュー、白ダシで味付けした味玉やメンマ など、脇役ながらも手を抜かない姿勢がこの一杯に表れている。

醤油、塩ともに750 円(税込)。近々、月替わり限定麺も登場予定。

白夢
胎内市住吉町2-577-1
tel.なし
11:00~14:00/17:00~20:00
不定水休
席14
駐車場:8台

 

らぁめん倉井

鶏と醤油がベースの風味豊かなラーメン

名古屋コーチンや比内地鶏、数種類の昆布を使ったダシと、麹の香りのする生揚げ醤油をベースにしたスープが自慢。

おすすめは『わんたん醤油らぁめん』(下写真・1,000円税込)。ひとつひとつ丁寧に包んだ具だくさんのワンタンを楽しめる。

5種類の煮干しを使った透き通ったスープが特徴の『煮干し醤油らぁめん』(下写真・780円税込)も人気だ。

「もっともっとおいしくなると日々、味を探究しているので、ラーメンの味わいは毎日変化しています」と店主・池田さん。


らぁめん倉井
新潟市中央区西堀通8-1576-13
tel.025-211-8758
11:00~14:30/18:00~20:00(土日祝は~16:00)
月休
席11
駐車場:なし

 

東京三ノ輪 ジョニーの味噌 燕店

東京で人気を博す味噌ラーメン専門店の2号店

とろみのある濃厚味噌スープと200グラムと食べ応えのある自家製縮れ太麺の組み合わせの『ジョニーの味噌』(下写真手前・790円税込)が定番。
「カロリーなんて気にしちゃダメ」がコンセプト。

大盛り無料の麺や無料食べ放題のライス、食べ放題の本格スパイスカレー(上写真右・ラーメン+180円税込)、『日替り和え玉ジョニー』(上写真奥・ラーメン+300円税込~)などを追加して楽しむスタイルを提案している。

「『バッファローチキン』(1本100円税込)もぜひ!」と店長・塚原さん。

東京三ノ輪 ジョニーの味噌 燕店
燕市井土巻2-18
tel.0256-46-8477
11:00~15:00/17:00~21:00
無休
席29
駐車場:15台

 

らーめん麺華

熟練店主が作る、2種のうま煮ラーメンが看板

腕を振るうのは、ラーメン店をはじめ、中華料理店、レストランなどで約30年修業を積んだ店主の会田さん。

『五目うま煮らーめん』(下写真・840円税込)と『海老うま煮らーめん』(880 円税込)がお店の二枚看板。

魚介系、動物系、野菜をベースにした濃いめのスープと、やや細めのストレート麺、その上にたっぷりとかかった具だくさんのあんが絶妙なコラボレーション。

豚ひき肉のうまみと玉ネギの甘みが際立った大きな『手づくり肉しゅうまい(3ケ)』(270円税込)もおすすめ。

らーめん麺華
新潟市東区栗山4-3-5
tel.025-288-5500
11:30~LO15:00/17:30~LO21:00(スープなくなり次第終了)
火休
席20
駐車場:6台

 

麺屋 玄洋

貝と鴨のうまみを凝縮した新感覚ラーメン

ムール貝やアサリといった貝と、岩手産の鴨で作るスープが自慢。おすすめは『貝塩ラーメン』(下写真・850円税込)。

イタヤ貝やカキの煮干し、笹川流れの塩が入るスープからは磯の香りがふわり。提供直前にホンビノス貝を加え、ラーメン全体にうまみをプラスしている。

カキのペーストや鴨醤油のスープをつけて味わう『牡蠣の塩油そば』(下写真・850円税込)も人気だ。

「鴨は貝のうまみを引き立ててくれるので、相性がとてもいいです。ここでしか食べられないような新感覚のラーメンを目指します」と店主・佐久間さん。

麺屋 玄洋
新潟市東区空港西1-15-10
tel.025-282-5110
11:00~15:00
月休
席12
駐車場:3台

 

煮干し中華そば アオゾラメンポ

人気のラーメン店復活! しっかり煮干しで勝負

見附市、新潟市古町と場所を移し、新潟市内での不定期の間借り営業を経て復活。

『煮干し中華そば』(下写真・700円税込)は煮干し、昆布でダシをとった醤油スープ。

あっさりした飲み口だが煮干しのうまみが感じられ、モチモチ食感の太麺と見事な相性。

「少ない素材だけで勝負したかった」と話す店主渾身の一杯だ。

また醤油ベースのスープに唐辛子、山椒、カルダモンなど10 種類のスパイスと自家製ラー油で炒めたひき肉やニラをのせた『台湾ラーメン』(下写真・800円税込)も人気。

煮干し中華そば アオゾラメンポ
新潟市東区東明1-9-5
tel.025-287-0127
10:30~14:30/17:30~20:30
不定休
席20
駐車場:7台

 

鶴亀食堂

ご飯もの、一品料理とも充実メニューでお出迎え

醤油から味噌、麻婆、あんかけ、つけ麺、焼きそばまで、麺メニューだけでもその数なんと30種類以上!

おすすめはランチタイムに提供する『鶴亀セット』(下写真)。900円(税込)でラーメンに半チャーハン、小鉢、漬物、デザートが付く豪華なセットだ。

また、大人気の『からあげ』(600円税込)や『油淋鶏』(700円税込)など一品料理も幅広くラインナップしており、大衆酒場としても利用できる。

深夜まで営業しているから、2軒目使いもOK。さまざまなシーンで使えるお店だ。

鶴亀食堂
新潟市中央区東大通1-6-19
tel.025-282-5130
11:00~15:00/17:00~深3:00
日休
席21
駐車場:なし

 

麵屋一輝

香り豊かな昔ながらのショウガ醤油ラーメン

腕を振るうのは新潟県の人気ラーメン店で約10年修業を積んだ堀内さん。

看板メニューの『ラーメン』(下写真・720円税込)は鶏ガラベースのあっさり醤油スープにストレート麺を合わせた、昔ながらのショウガ醤油。

スープを飲んだあと、口いっぱいに広がるショウガの香りがたまらない。

腹ペコ男子には普通盛で麺の量が270グラム(!)というボリューム満点の『まぜそば』(下写真・820円税込)もおすすめ。

鶏油を使うことでまろやかな味わいになり、女性や子どもも食べやすい。

麵屋一輝
新潟市東区石山5-1-25
tel.025-276-2002
11:00~15:00/18:00~21:00
火休
席17
駐車場:共有

 

AKIHA麺屋 粋翔

ふじの新津店店長が独立。同場所で新店をオープン

看板メニューは『AKIHA 味噌』。

秋葉区「さつき味噌」の米味噌をベースにした『白』(下写真・820円税込)、自家製ラー油と辛ひき肉で辛さを出した『赤』(880円税込)、マー油とブラックペッパーが入った『黒』(900円税込)の3色味噌で勝負する。

ユニークなネーミングが目を引く『イカれたロマンチストが作る 濃厚塩タンメン』(下写真・1,000円税込)は、海鮮でしっかりとダシをとった、クリーミーなクラムチャウダー風スープが特徴だ。

食べ応え十分な麺には、秋葉区産もち麦を使用。香りのよさを楽しんで。

AKIHA麺屋 粋翔
新潟市秋葉区美善1-13-12
tel.0250-23-5506
10:00~14:45/16:45~20:30(土日祝は10:00~20:30。スープなくなり次第終了)
木休
席22
駐車場:8台

 

【お知らせ】
●当サイト「Car&Life Niigata」ではFacebookTwitterをやっています。

Car&Life Niigataで掲載した新車情報や、ドライブ&グルメ情報など、新潟のカーライフ情報をアップしたら随時FacebookやTwitterでもお知らせしています。

ぜひフォローや「いいね!」をお願いします!

 

●最近の注目記事を見る

高速道路料金が割引されるドラ割『新潟観光ドライブパス』

豪華賞品あり! 「安全運転・チャレンジ100」参加者募集中!

斜め後ろからの眺めが最高! 新型『ハリアー』はしなやかで静かな走りが魅力|試乗記

アバター by
Car&Life Niigataの編集長。兼、新潟の情報誌『月刊にいがた』の編集部員。広告営業をメインに、カーライフ誌面「このクルマ このシーン」などを担当。編集部イチのクルマ好き。入社以来24年、どんなに歳を重ねようがあだ名は「ヤング」。「新潟版図柄入りナンバープレート検討委員会」の委員を務めた。
SNSでフォローする