シトロエン『C5エアクロスSUV』のPHCってスゴイ!乗り心地に感動【試乗記】

シトロエン創業100周年に登場した初のSUV

シトロエンといえば今年(2019年)が創業100周年。

そして5月28日にデビューした『C5エアクロスSUV』は、シトロエンが初めて世に送り出したSUVです。

今年というタイミングといい、そして初のSUVといい、かなりメーカーの気合いが入っていそうで乗る前から楽しみでした。

試乗車をお借りしたのは新潟市中央区のシトロエン新潟さん。

まず外観は、力強さとエレガンスが融合していて、近年のシトロエン車らしいデザイン。

赤いアクセントカラーが軽快さを演出していてオシャレですね。

運転席に座って感心したのは、やわらかさと身体を包み込むような座り心地の良さ。

シートクッション素材のポリウレタンフォームを業界平均よりも密度の高いものを使用しているそうです。

また、センターアームレストには収納スペースがあり、1.5ℓのペットボトルも入る大型サイズなのでこれは便利。

目の前を見ると12.3インチのフルデジタルインパネ。

スピードメーターはアナログ風で、シトロエン伝統のボビンメーター表示を採用。ファンを泣かせる演出ですね。

8インチタッチスクリーンはエアコンやメディア再生など、多彩な情報と操作機能を集約しています。

また、後席に座ってみてもやはり快適性に優れていて、3席が独立した同じサイズのシートを採用していました。

ゆるフワな乗り心地を実現するマトリョーシカみたいなダンバー

さて、デザインや装備のハナシはこれまでとして、もっとも楽しみなのはドライブ。

やっぱりシトロエンですから、気になるには乗り心地。

PHC(プログレッシブ・ハイドローリック・クッション)というサスペンションシステムを採用していて、資料には「SUVで最も良い乗り心地を」とか「“魔法の絨毯”のような乗り心地」なんて書いてあるんですもん。これは期待が高まります。

でもってショールームを出発し、すぐに新潟バイパスへ。

するとすぐに体感できました。「なるほど。“魔法の絨毯”ね」と心の中で独り言。

さしずめ私はアラジンかハクション大魔王か。

“魔法の絨毯”と表現するだけのことはあると思いました。

低速から中速にかけては、路面の小さな凹凸による次々とくる揺れを、すぐさまダンパーで抑えようとするのではなく、サスペンションが小さくふわふわ上下動して吸収している感じです。

まるで“揺れの定額制払い”と言いたくなるような、揺れを均一にしていなすようなフィール。

しかし速度が高まってくると、そんな「ゆるフワ」感は消えて、今度はスッし吸収してビシッと走ります。

どんな機能かといえば、このPHCはダンパーのなかに第二のダンパーシリンダーがあるそうです。

なんじゃそりゃ! まるでマトリョーシカじゃん。マトリョーシカダンパーじゃん!

SUVを探している方は、この乗り味を体感してほしいです。このシトロエン100周年目の初SUVは買いかもしれませんよ!

また、2.0ℓのディーゼルターボエンジンは静かで力強さも十分。

アイドリングのときはちょっとディーゼルっぽい音がしましたが、低回転が多い街中や70〜80km/hの新潟バイパスなど、とても爽快なドライブを楽しむことができました。

なお、路面状況に応じて走行モードを切り替えられるグリップコントロールやハンズフリー電動ゲートなど、SUVとしての機能や使い勝手も充実しています。

アクティブセーフティブレーキやレーンキープアシストをはじめ、セーフティ&ドライバーアシスト機能は標準装備。

なかにはコーヒーブレークアラートなんてのもあります。

なにかといえば、65km/h以上で連続運転が2時間を超えるとコーヒーカップマークが点灯し休憩を促すそうです。

なんだかフランスっぽくてオシャレですね。

 

【お知らせ】
●当サイト「Car&Life Niigata」ではFacebookTwitterもやっています。

Car&Life Niigataで掲載した新車情報や、ドライブ&グルメ情報など、新潟のカーライフ情報をアップしたら随時FacebookやTwitterでもお知らせしています。

下にスクロールして、ぜひフォローや「いいね!」をお願いします!


●最近の注目記事を見る

「50歳以上のベテランドライバー向け「シニアドライバーズスクール」開催」
>>>http://joyfultown.jp/carandlife/topics/7586

「新潟市・万代エリアに『フェラーリ458チャレンジ』が展示されていた!」
>>>http://joyfultown.jp/carandlife/topics/7586

「『MAZDA3(マツダ3)』に触れて思った“削ぎ落とし系スタイルの新世代感【試乗記】」
>>>http://joyfultown.jp/carandlife/report/7457

アバター by
Car&Life Niigataの編集長。兼、新潟の情報誌『月刊にいがた』の編集部員。広告営業をメインに、カーライフ誌面「このクルマ このシーン」などを担当。編集部イチのクルマ好き。入社以来24年、どんなに歳を重ねようがあだ名は「ヤング」。「新潟版図柄入りナンバープレート検討委員会」の委員を務めた。
SNSでフォローする