歩行者の皆さん「オレンジカード」って知ってる?

私たちは、クルマを運転しているときは「ドライバー」ですが、町を歩いているときは「歩行者」になります。

当然、歩道を歩くときは、歩行者としての交通ルールを守らなければなりません。

新潟県警によると、2019年に歩行中の交通事故で亡くなった36人のうち、31人に車道への飛び出しなど法令違反があったそうです。

そこで歩行者が交通事故に遭わないよう、新潟県警ではルール違反をした歩行者に注意を促す「交通安全指導カード(オレンジカード)」を配付し、交通ルール遵守を呼びかける活動を2020年9月から始めました。

例えば、
・信号を守らない
・横断歩道を渡らない
・左右の確認をしない
・交通の妨害になる行為(酒に酔って、寝そべる・座り込むなど)
…などのとき巡回中の警察官が注意するとともオレンジカードを手渡します。


※新潟県警察公式チャンネルより

カードには違反内容のほか、日時や場所を書き入れます。原則的に罰金や罰則はありませんが、名前や住所を任意で記入してもらう欄があります。

YouTobeの新潟県警察公式チャンネルでは、子どもでも理解しやすい動画も公開されています。

●新潟県警察公式チャンネル
【歩行者の交通違反には《オレンジカード(交通安全指導カード)》配付!!】~信号ムシ、斜め横断、道路でスケボー…ダメムッシー!~
https://www.youtube.com/watch?v=hFVz6iX462w


※新潟県警察公式チャンネルより

運転しているときも、歩行しているときも、ルール順守の意識を高めて事故の減少につなげたいですね。

【お知らせ】
●当サイト「Car&Life Niigata」ではFacebookTwitterをやっています。

Car&Life Niigataで掲載した新車情報や、ドライブ&グルメ情報など、新潟のカーライフ情報をアップしたら随時FacebookやTwitterでもお知らせしています。