【ドライブ×イチゴメニュー】みんな大好き、イチゴスイーツ|新潟.三条.胎内.阿賀.長岡18選

今回はフレッシュなイチゴをたっぷり使った春のカフェスイーツを集めました。

パフェ、パンケーキ、ワッフル、スムージー…。どれも華やかな見た目と味わいに心躍りますよ!

イチゴスイーツを求めてドライブ!

※この記事は、月刊にいがた3月号特集「春はイチゴ」をもとに作成致しました。

ルイジアナママのストロベリープリンセス

イチゴ大好きなお姫様に捧げるキラキラ系パフェ

 県央きっての人気のカフェ。今年初登場の『ストロベリープリンセス』は、丸ごとのイチゴに加え、ストロベリーショートケーキアイスやイチゴのチーズケーキ、ベリーソースなどを詰め込んだ、ママいわく「キラキラ系」のパフェ。ヨーグルトの酸味がきいて、最後までおいしく味わえる。本を片手にのんびりどうぞ。950円(税込)。クラシックな『無敵のいちごパフェ』(880円税込)も。

三条市一ノ門2-5-32
tel.0256-35-3038
11:30~LO21:00(土日は11:00~)
火休
席30
P11台

Baumのとろける香りいちごの米粉パフェ

地元食材を使った映えパフェ

 場所は、ロイヤル胎内パークホテルのロビー内。米粉スイーツをはじめ、地元の果物を使ったホテルメイドの季節のオリジナルケーキを提供。春のおすすめは、胎内市の企業・いちごカンパニーが栽培する品種「とろける香りいちご」を使ったパフェ(750円税抜)。米粉のスポンジや自家製イチゴゼリー、アイスが入っている。『米粉ワッフル』(750円税抜)もスタッフのイチオシ。デザートメニューの提供は15時まで。

胎内市夏井1191-3 ロイヤル胎内パークホテル1Fロビー
tel.0254-48-2211
9:00~17:00
無休
席20
P300台(共有)

Yanniversaryの苺パフェ

甘酸っぱいイチゴのお姫様とヨーグルトムースがさわやか!

 自家製プリンや旬の果物を用いたパフェなど、女子ゴコロくすぐるスイーツが評判の栗の木バイパス沿いにあるカフェ。春には大粒でジューシーな越後姫を贅沢にのせた華やかなパフェが登場! 食べ進めると、さっぱりとしたヨーグルトムース、食感が楽しいグラノーラとパイ生地、生クリーム、イチゴのジェラートと大充実。ミニサイズもあるので食後にも。1,600円(税込)。ミニサイズ550円(税込)。

新潟市中央区笹口6-21 1F
tel.025-288-6242
11:00~20:00(LO19:30、日は~18:00)
水、第3木休
席12
P7台

パンとおやつ奥阿賀コンビリーの越後姫のグラスデザート

グラスの中で奏でられるハーモニーを楽しんで

 ワイングラスを用いた高級感あふれる「グラスデザート」は、昨年6月に新設されたカフェスペースの看板メニュー。春の主役は、新発田産の越後姫。酸味をきかせたイチゴのマリネ、生クリームとカスタードを合わせたまろやかなディプロマート、ピスタチオアイス、チョコレートケーキなど、さまざまな味わい、食感を融合させた大人のデザートだ。3月末頃まで提供予定。1,200円(税抜)。

阿賀町津川3668
tel.0254-92-7100
10:00~17:00(カフェLO15:00)
火水休
席16
P8台

中条たまご直売店の季節のたまごパフェ 越後姫

こぼれ落ちそうなほど越後姫がたっぷり!

 専用農場で生産された新鮮な卵と季節のフルーツを使ったプリンやロールケーキが大人気。4月までは『季節のたまごパフェ 越後姫』(1,320円税込)を提供。酸味が少なく、口に含むとジュワッと甘みあふれる越後姫がたっぷり。高さ約30センチ(!)で、イチゴのフレークやベリーソース、ブランマンジェ、イチゴアイス、新鮮な卵を使ったシフォンケーキ、そしててっぺんには大きな越後姫が。

新潟市中央区長潟新田前1205-2
tel.025-257-1105
10:00~18:00
無休
席24
P25台

Lotus Cafeの生チョコとイチゴのスムージーパフェ

愛情たっぷりの手作りパフェ。そのボリュームに学生も納得

 新潟大学西門前という場所柄、ランチからディナータイムまで学生を中心に賑わいをみせるカフェ。常時8種類揃うパフェはこちらの看板メニューのひとつ。贅沢にも10 粒のイチゴを使用したパフェは、イチゴのコンフィチュールやスムージーなど、イチゴのおいしさをさまざまな角度から楽しめるように工夫された一品。腹ペコ学生も納得のボリュームにも注目だ。1,000円(税込)。

新潟市西区大学南2-7-51
tel.025-262-3131
11:00~24:00(LO23:00。金土祝前日は~深1:00、LO24:00)
不定休
席86
P5台

café toujoursのイチゴパフェ

最初から最後までイチゴ尽くしのパフェ

 グルテンフリーを意識した体にやさしいメニューが揃うこちらの名物は、イチゴやアイスなどがバランスよく盛られ、まるで組体操のようなパフェ。頂点には大きなイチゴがどっしりと構え、それを肩車するようにバニラアイスが支える。さらにイチゴが周りを彩り、下にある玄米フレークが冷たさをリセット。最後はイチゴのヨーグルトで締める、イチゴに始まりイチゴに終わるパフェだ。750円(税込)。

三条市神明町9-1 パルム3 106
tel.0256-33-1576
11:30~18:00(LO17:00)
月火休(第3週のみ日月休)
席11
P4台

café うーるーの苺MAMIRE

その名の通りイチゴまみれな贅沢スイーツ

 華やかな皿盛りスイーツが自慢の小さなカフェ。毎年イチゴをふんだんに使ったパフェやワッフルが好評で、『苺MAMIRE』(1,560円税込)はそのどちらも楽しめる夢のようなプレート。イチゴやブルーベリー、ラズベリーがのったワッフルは甘さ控えめで、食後でもペロリと食べられる。また、グラスの中にはイチゴのアイスやソース、生クリームが。提供数は仕入れによって変わるためお早めに。

長岡市関原町1-1814-3
tel.0258-89-7384
11:00~18:00(LO17:00。材料がなくなり次第終了)
木休
席12
P8台

Caf’e Pleineのストロベリーワッフル

惜しげもなくイチゴをのせた絶品ワッフル

 看板メニューは直径20センチ、厚さ3センチの大きなワッフルとかわいらしいデザインカプチーノ。特に季節限定の『ストロベリーワッフル』(1,500円税抜)は毎年絶大な人気を誇る。外はサクッと、中はふんわりと仕上げられたワッフルの上にはイチゴがたっぷりで、なんと1パック分使ってしまうこともあるそう。別添えの練乳ソースはお好みで。1日5食限定なので、電話での取り置きがベター。 

新潟市東区粟山1-21-25 第2マルヤビル
tel.025-288-6586
11:00~17:30(LO17:00)
火休ほか
席16
P共有

AMG kitchenのイチゴワッフル

口当たりが軽くて食べやすい!

 炭火で焼き上げた肉料理や地場野菜を使ったメニューを提供。おいしくてSNS 映えする料理はもちろん、随時更新されるスイーツも評判で、イチゴを使ったメニューも毎年登場。今年は『イチゴワッフル』(980円税抜)。サクサクのワッフル生地の上にホイップクリームとバニラアイス、さらに特製ベリーソースをかけてゴージャスに。テイクアウトOKの『イチゴスムージー』もおすすめ。

新潟市秋葉区南町72-4
tel.0250-21-7022
11:00~15:30/17:00~22:00
(金土祝前日は~23:00。日祝は11:00~22:00)
月休
席60
P32台(共有)

Hawaiian Kitchen Can-Peakのストロベリーホイップ

パンケーキとイチゴソースは相性バッチリ!

 自慢はロコモコなどのハワイアン料理と20種類以上揃うパンケーキ。『ストロベリーホイップ』(1,250円税抜)は、ふわふわのパンケーキにナッツとイチゴがのった人気メニュー。イチゴソースのかかったたっぷりすぎるホイップクリームとともに味わって。ほかにも『ベリー&バナナ』(1,400円税抜)や『マスカルポーネストロベリー』(1,300円税抜)などイチゴメニューがたくさん!

新潟市東区新松崎2-7-5
tel.025-288-5027
11:00~20:00(金土祝前日は~22:00)
不定休
席24
P8台

SAKURAGI BUTCHER HORLY’S GRILL DINER & CAFEのストロベリーパンケーキ

ホイップとカスタード、甘酸っぱいイチゴがベストマッチ

 ホーリーズと言えば、旬のフルーツが盛りだくさんの『フルーツパンケーキ』が有名だが、イチゴが旬の時期のみ提供されるのがこちら。大きなイチゴが9 ~ 10 粒のせられ、パンケーキ全体を覆 い尽くしている。ホイップクリーム、カスタードソースの甘さに負けないように、酸味のあるとちおとめを使用。エクストラメープルシロップ(100円税抜)などの味変トッピングも試してみて。1,480円(税抜)。

新潟市中央区女池南1-8-16
tel.025-250-7700
11:00~22:00
不定休
席77
P200台(共有)

ホテルオークラ新潟 レストランつばきのいちごスイーツ&ランチバイキング

もちろん今年もやります! ホテルオークラ新潟の大人気企画

 パティシエが作るイチゴスイーツの数々をバイキング形式で楽しめる大人気企画を3月1日(月)~5月31日(月)に開催。料金は大人2,750円(税込、土日祝3,000円税込)、小学生1,750円(税込)、幼児(3 歳~未就学児)650 円(税込)。テーマは月替わりで3月は「いちごとさくら」。『ストロベリーナポレオンパイ』『さくらといちごのシュークリーム』などシェフ渾身の逸品が並ぶ。人気企画のため予約がおすすめ。

新潟市中央区川端町6-53 ロビー1F
tel.025-224-6167
11:30~14:00(土日祝は90分制で~15:00。最終入店13:30)
無休
席75
Pなし(有料駐車場利用)

カフェチャヤマクロビ万代店の米粉の苺ムース

県内では数少ないヴィーガンマクロビスイーツ

 マクロビオティックをベースに彩り豊かで新しい食のスタイルを提案。肉・卵・乳製品・白砂糖、化学調味料を使っていない「ヴィーガンマクロビスイーツ」である『苺のムース』(500円税抜)は、タカキビ粉と米粉のヴィーガンスポンジに豆乳ホイップとセンガナ種のイチゴで作られたムースをサンド。ヘルシーでありながら食べ応えは十分。スイーツは食事とセットだと+200円(税抜)に。

新潟市中央区万代1-1-26
tel.025-278-8697
11:00~19:00(LO18:30)
無休
席32
Pなし

こかげカフェの越後姫のレアチーズ風ケーキ

越後姫がふわりと香る植物性100%のチーズケーキ

 越後姫のソースを加えた、かわいらしいピンクのチーズケーキ。実はこちら、クリームチーズの代わりに豆乳クリームチーズを使い、土台はナッツとメープルシロップと、植物性100%で作られている。卵・乳製品不使用メニューにこだわる、こかげカフェらしいケーキだ。やわらかな酸味のなかに越後姫を感じられるさっぱりとした味わいで、幅広い層に好まれそう。4月末まで提供予定。500円(税抜)。

新潟市中央区西大畑町5191-9 新潟市美術館内
tel.050-3590-4402
9:30~18:00(LO17:00。3月末までは~17:00、LO16:00)
休は新潟市美術館に準じる
席14
P美術館駐車場を利用

MR.&MRS.CAFEのプレミアム・ストロベリースムージ

イチゴがびっしり! インパクト大のスムージー

 万代エリアにある人気のカフェ。美容と健康をテーマに、旬の食材を使った栄養バランスのよい惣菜が豊富に揃い、128通りの組み合わせで食事を楽しめる。おすすめの『プレミアム・ストロベリースムージー』(1,500円税抜)は、この時期しか味わえないイチオシメニュー。イチゴのフレッシュさと酸味をいかしたさわやかな味わいで、食後でもペロリ。数量限定で、提供は14時から。

新潟市中央区万代1-3-1
万代シネモールビル2F
tel.025-278-8544
11:30~20:00(LO19:00)
不定休
席58
Pなし

SUZUVELの台湾夜市風ベリーと麹のお酢ソーダ

甘酸っぱさが特徴! 見た目もかわいいお酢ソーダ

 新潟駅構内にあり、県外客の利用も多いことから、新潟食材がふんだんのデリを豊富に用意。季節に合わせて常に新しいメニューを提供するが、最近の注目は『台湾夜市風ベリーと麹のお酢ソーダ』(850円税抜)。主役は越後姫と4 種のベリー。そこにテンサイ糖と柿酢を加えて仕込んだオリジナルシロップをソーダで割った、さわやかな味わいが特徴の発酵ドリンクだ。長岡の店舗、SUZU365でも販売。

新潟市中央区花園1-96-47 CoCoLo新潟西館1F
tel.025-282-7613
11:00~22:00(ランチタイムは~17:00)
無休
席50
P提携あり

Hacco to go!のHaccoシェイク

イチゴの酸味と好相性の酒粕シェイク

 宮内駅前にある地域プロデュースストア・FARM8内の酒粕スイーツ専門店。酒粕入りのジェラートやチーズケーキなどを提供している。人気の『Haccoシェイク』はいろんな味があるが、イチオシはストロベリー味(600円税込)。乳酸菌で発酵させた酒粕を使用することで、ヨーグルトのようなさっぱりとした味わいに。イチゴの甘酸っぱさをいかしているので、酒粕の風味が苦手という人でも飲みやすい!

長岡市宮内3-3-19 LIScafe内
tel.070-2151-0351
12:00~17:00
火休
席7
P4台

【お知らせ】

●当サイト「Car&Life Niigata」ではFacebookTwitterをやっています。

Car&Life Niigataで掲載した新車情報や、ドライブ&グルメ情報など、新潟のカーライフ情報をアップしたら随時FacebookやTwitterでもお知らせしています。

ぜひフォローや「いいね!」をお願いします!