【ドライブ×町中華餃子】おいしい中華飯店の餃子を求めて秋のドライブ|村上.新潟.五泉.燕.南魚沼.上越6軒

何度も足を運んで味わいたくなる、町の中華飯店の餃子を求めてドライブへ。

ラーメンやチャーハンと食べれば最高のごはんタイム。ドライバーはビールは我慢でね!

※月刊にいがた8月号特集「新潟餃子大全」特集をもとに作成しました。記事の内容(価格やデータを含めて)は7月中頃現在のものです。

中華レストラン 上海

村松で愛される老舗の王道餃子は必食!

昭和33年に食堂としてオープンし、約25年前に中華レストランとしてリニューアル。長年親しまれている幅広いメニューで地元の人々から愛されている。まず味わいたいのが不動の人気を誇る『手作り餃子』(5個550円)。

野菜のシャキシャキ感を残したあんが皮の端まで詰まっており、食べ応え十分。余熱をうまく利用してパリパリに仕上げた香ばしい焼き目も食欲をそそる。健康を意識する人には『大豆ミート餃子』がおすすめ。


↑野菜6、ひき肉4の割合で作るあんは、それぞのうま みが調和したベストなバランス

↑3代目の菅沼伸樹さんと奥様の葉子さんが二人三脚でお店を営む

中華レストラン 上海
五泉市村松乙256-3
tel.0250-58-6353 

11:00~14:00/16:45~21:00
火、月1回月休
席50 P10台

福来軒

自家製のモチモチ皮にファン多し!

村上駅前に、黒と赤を基調にした外観が目を引く建物が。中国出身の初代が約70年前に創業し、現在は3代目の佐藤さんがその歴史と味を守っている。

若男女問わずおいしいと感じてもらえる味付けになっているという『自家製焼き餃子』(5個500円)は、強力粉を使ったモチモチとした自家製の皮がポイント。野菜の割合が多いあんはやさしい味わいだ。


↑駅前というアクセスのしやすさも魅力

↑「一番おいしい状態で料理を提供できるように心がけています」と3代目の佐藤さん

福来軒
村上市田端町10-8
tel.0254-53-2272
11:00~14:00/17:00~20:00
木休
席32 P1台

桃杏花

ひと口で食べたいアツアツ鉄板餃子

パチパチという音とニンニクの香ばしさを漂わせ運ばれてくるのは、アツアツの鉄板にのった餃子。

『八宝菜』などの中華料理をはじめ、種類豊富なメニューを取り揃える人気中華料理店で、特徴のあるメニューを作りたいと誕生したのが『鉄板ぎょうざ』(800円)だ。ひと口で食べられるかわいらしい包み方を考案し、両面焼きで仕上げている。


↑外観はレストランのようだが、店主の高野さんが作る本格中華を味わえる


↑鉄板の上にニンニクをのせ香ばしさをプラス

桃杏花(とうあんか)
燕市八王寺1743-2
tel.0256-63-8890
11:00~14:30/17:00~20:30(LO20:00)
火水休 席30
P20台

安家

ご飯にもお酒にもぴったり。ツルンとした食感がヤミツキに

お店を営むのは、中国出身の安さんご夫婦。本場中国の味を大切にしつつ、日本人向けにアレンジした料理やリーズナブルな価格の豊富な定食メニューが評判だ。

注目は皮から手作りする『水餃子』(6個330円)。ひき肉やエビ、野菜が入ったあんはジューシーで、弾力のあるなめらかな皮もクセになる。ニンニク不使用なので、お昼からどうぞ。


↑店主の安さんご夫妻。調理はご主人が、ホールは奥様が担当している

↑新潟市下町(しもまち)に店を構えて今年で8年

安家(やすや)
新潟市中央区湊町通2635
tel.025-228-9426
11:00~14:00/17:00~21:00
月休(祝の場合は翌日)
席20 P3台

純・和中遊彩縁 比他棒

ココナツ香る麻辣ダレで味わう水餃子

横浜中華街の名店で料理長を務めた代表・料理長の佐藤さんが腕を振るう。焼き餃子もあるが、おすすめは『水餃子』(5個880円)。豚肉や野菜などで作るあんを手作りの皮で包み、ゆで上げて提供。プルプルモチモチの皮とあふれる肉汁がたまらない。

真っ赤なタレはピリ辛で少し酸味のある麻辣ダレ。隠し味のココナツパウダーの風味がクセになる!


↑住宅街にあるお店。店名は「あっちよりこっちの方がいいよ」という意味だそう。和洋中メニュー豊富なランチは1,100円  

↑代表・料理長の佐藤勇一さん

純・和中遊彩縁 比他棒(じゅんわちゅうゆうさいえん びーたーばん)
上越市東本町3-2-59
tel.025-520-7519
11:30~14:00/17:30~
月、不定火
席40 P15

愛食飯店

創業50年来守り続ける名物ジャンボ餃子

皮から手作りの『ジャンボ餃子』は、長さ約15センチ、重さは90グラム超えのビッグサイズ! 焼き時間に15分を要するが、それを待って食べる焼きたての味は格別。米粉が入った皮はモチモチで食べ応え抜群だ。

餃子3 個にご飯、スープ、小鉢などが付いた定食はなんと650円。まだまだ食べたいという場合は、写真のように1 個につき110円で追加可能。

↑餃子は醤油と酢をブレンドしたタレで味わう。酢コショウもおすすめだそう

↑『ジャンボ餃子』が50円引きになる土曜は特に多くの客で賑わう

愛食飯店(あいしょくはんてん)
南魚沼市八幡16-1
tel.025-772-3108
11:00~LO13:50/17:00~LO20:00(木は昼のみ営業)
月休
席70 P10台

 

【お知らせ】
●当サイト「Car&Life Niigata」ではFacebookTwitterInstagram をやっています。

Car&Life Niigataで掲載した試乗記やドライブ&グルメ情報など、情報をアップしたら随時SNSでもお知らせしています。

ぜひフォローや「いいね!」をお願いします。

Follow me!