日産『セレナ』2019夏のマイチェンポイントを整理してみました【ショートインプレ】

より凛々しい顔になり、ぐるり360度ドライバーを支援するシステムを採用

※月刊にいがた9月号「新車買いたい新書」をもとに作成

この夏、マイナーチェンジしたミニバン、日産『セレナ』。

特徴的な「ダブルVモーショングリル」をはじめ、より高級感ただようデザインに変更されました。

とくに『ハイウェイスター』は、クロームを贅沢にちりばめた宝石のようなグリルパターンが印象的です。


photo:日産セレナ e-POWER ハイウェイスターV(2WD)。ボディカラーはブリリアントホワイトパール

注目は先進安全技術の更なる充実。それが全車に標準装備された「全方位運転支援システム」。

“全方位”とはどういうことなのか?

まず〈前方〉。対向車がいてもハイビームを維持できる、ハイビームアシストの進化機能である『アダプティブLEDヘッドライト』を採用した。

〈後側方〉は、隣接レーンの後側方を走行する接近車両との接触を回避するよう支援する『インテリジェント BSI(後側方衝突防止支援システム)』や『BSW(後側方車両検知警報)』を設定。

そして〈後方〉は、後退時に後方を横切ろうとする車両を検知して注意を換気する『RCTA(後退時車両検知警報)』を新設定した。


RCTA(後退時車両検知警報)

コンビニやスーパーなどの駐車場で、後退して出発する際、気づいたら他のクルマが接近していてヒヤリ…なんて経験をしたことがある方も多いと思うが、『RCTA』は視界の狭い場所での後退時に、警告音で注意を喚起してくれる。

…というわけで、ぐるり360度全方位支援というわけ。

さらに「踏み間違い衝突防止アシスト」も標準装備したことで、全車が「セーフティ・サポートS〈ワイド〉」該当車に。


インテリジェント アラウンドビューモニターがあれば駐車が苦手な人もスムーズに操作できる

なお、高速道路の運転時にドライバーをアシストする「プロパイロット」は、下り坂での設定速度保持や、よりスムーズに減速できるブレーキ操作などが可能になった。

今回、取材に応じてくれたのは、新潟日産モーター「は〜とぴあ新潟」カーライフアドバイザーの神田さん。


ガッチリした体格の神田さんが乗ってもこの余裕。子どもなら室内での着替えもラクラク

実は神田さんのご家庭も『セレナ』を所有しており、広い室内をいかして家族で車中泊をしたこともあるという。

ご自身もオーナーということで、とても説得力がありました。


ハンズフリーオートスライドドアは子どもを抱っこしていたり、荷物を持っているときにとても便利


「私のおすすめは力強い走りと低燃費の「e-POWER」です」と神田さん

 

【お知らせ】
●当サイト「Car&Life Niigata」ではFacebookTwitterもやっています。

Car&Life Niigataで掲載した新車情報や、ドライブ&グルメ情報など、新潟のカーライフ情報をアップしたら随時FacebookやTwitterでもお知らせしています。

下にスクロールして、ぜひフォローや「いいね!」をお願いします!

●最近の注目記事を見る

【ドライブ×ランチ+α】ランチして、ついでに…。|新潟.新発田.燕.長岡.十日町5選

講師にはジムカーナ現役チャンピオンも登場! 「新潟ドライビングレッスン2019」

新型ホンダ『N-WGN(エヌワゴン)』は、まるで体操のオールラウンダーのような万能性【カスタム L・ターボ試乗記】

アバター by
Car&Life Niigataの編集長。兼、新潟の情報誌『月刊にいがた』の編集部員。広告営業をメインに、カーライフ誌面「このクルマ このシーン」などを担当。編集部イチのクルマ好き。入社以来24年、どんなに歳を重ねようがあだ名は「ヤング」。「新潟版図柄入りナンバープレート検討委員会」の委員を務めた。
SNSでフォローする