【ドライブみやげ】新潟らしさを感じる手みやげに世界最薄(←たぶん)のせんべいはいかが?

新潟のお米を使った、映えるパッケージのチップス『しろめチ』を食べてみた

当サイト「Car&Life Niigata」を見てくださる方は新潟県内の方がメインですが、実は県外の方も結構多いんです。

東京、大阪、名古屋、福岡…。

その代表が新車試乗記事。住んでいるエリアにあまり関係がない情報だからなんでしょうけどね。

でもって、なぜか新潟県内のパン屋さん情報やドライブネタなども、県外の皆さんによく見ていただいております。

…というわけで今回は、新潟らしさを感じる、新しい手みやげに出会ったので紹介してみたいと思います。

それが、この『しろめチ』です。

おむすびみたいな可愛いパッケージですが、中に入っているのは新潟のお米を使った“チップス”なんです。

米菓なので「せんべい」の部類に入ると思いますが、こんなに薄いせんべいは見たことありません。

きっと世界最薄のせんべいといってよいのではないでしょうか。

向こうが透けてみえるわ。薄い〜

どうやって作られているかといえば「お米のピューレ」を原材料に用いているそうです。

「お米のピューレ」とは、お米を加熱 ・加圧 ・撹拌(かくはん)して半液体状にしたもの。

着色料・添加物・保存料を使わず、ノンフライでヘルシー。一枚一枚丁寧に焼いています。

ラインナップは現在、塩、白ごま、黒ごまの3種類。

「しろめチ(黒ごま)」

取材&撮影のあと嬉しいことに頂戴したので、帰りの車内で食べてみました。

まず食感が印象的で、とってもパリパリしています。

ポテトチップスをイメージするかもですが、あちらはサクサクといった感じで、『しろめチ』の方がパリパリ感はハンパないです。

パリパリ食感とその音が骨伝導で聞こえてきて、これはクセになりそう!

そして腹持ちの良さにも驚きました。そりゃそうです。コレ、もとはお米ですもんね。まるでご飯を食べたあとのような感じで夕暮れ時の空腹が収まりました。

現在「塩」「白ごま」「黒ごま」の3種類の風味があってどれも個性的。ゴマは香ばしさが前面に出ていました。

「しろめチ(白ごま)」

1袋350円(税抜)なので、おやつでポテチを食べるのに比べると高く感じますが、手みやげとしては安いですね。

なにより着色料・添加物・保存料を使ってないし、ノンフライなので子どもにも安心。ファミリー世代への手みやげにもいいかもですね。

パッケージの可愛さは話のネタにもなりそう。


3つ買うともれなく大パッケージがもらえるそうです

ちなみに、この『しろめチ』は、農林水産省が実施している「フード・アクション・ニッポン アワード2019」で入賞100産品に選ばれました。

新潟県内では唯一です。すごいですよね。

現在、『しろめチ』を販売しているのは「長谷川熊之丈商店」(新潟市江南区)と「ホテル摩周」(新発田市月岡温泉)のみ。

新潟県内の方は県外の知人・友人への手みやげに、ドライブや旅行などで新潟に訪れた方は新潟みやげとして、ぜひチェックしてみてください。

 

●長谷川熊之丈商店
新潟市江南区稲葉1-5-4
025-381-0511
10:30〜19:00(食パン販売時間は11:00〜なくなり次第終了)
日曜・祝日定休
10台


【お知らせ】

●当サイト「Car&Life Niigata」ではFacebookTwitterもやっています。

Car&Life Niigataで掲載した新車情報や、ドライブ&グルメ情報など、新潟のカーライフ情報をアップしたら随時FacebookやTwitterでもお知らせしています。

下にスクロールして、ぜひフォローや「いいね!」をお願いします!

●最近の注目記事を見る

「ついんビート」コラムvol.16〜『昭和の乗り物大集合2019in阿賀野に参加してきましたー!(*>ω<*)』〜

【ドライブ×ランチ+α】ランチして、ついでに…。|新潟.新発田.燕.長岡.十日町5選

新型ホンダ『N-WGN(エヌワゴン)』は、まるで体操のオールラウンダーのような万能性【カスタム L・ターボ試乗記】

アバター by
Car&Life Niigataの編集長。兼、新潟の情報誌『月刊にいがた』の編集部員。広告営業をメインに、カーライフ誌面「このクルマ このシーン」などを担当。編集部イチのクルマ好き。入社以来24年、どんなに歳を重ねようがあだ名は「ヤング」。「新潟版図柄入りナンバープレート検討委員会」の委員を務めた。
SNSでフォローする