4代目ホンダ『FIT(フィット)』はどう進化したか〜コネクト機能も具体解説〜|試乗記

2020年2月14日に発売された4代目ホンダ『フィット』。

今回、ホンダカーズ新潟中央赤道店さんから試乗車をお借りして、市街地や新潟バイパスなどを走って体感してきました。

まず、フルモデルチェンジの概要ですが、ポイントは以下5点だと思います。

【新型フィットはここに注目】
◎ライフスタイルに合わせて5つのタイプを設定
◎「心地良い」にこだわった内外装デザイン
◎2モーターハイブリッド「e:HEV」の採用
◎進化したHonda SENSING
◎国内初搭載のコネクテッド技術「Honda CONECT」

『フィット』といえば広い室内&多彩なシートアレンジ、低燃費で優れた経済性が人気のコンパクトカーですが、新型はどう進化したのでしょうか。

新潟の街を走って体感してきたのでお伝えします。

装備差ではなくライフスタイルに合わせた5つのタイプ

新型『フッィト』には5つのタイプがあります。

・シンプルな「BASIC(ベーシック)」
・生活になじむデザインと快適性を備えた「HOME(ホーム)」
・アクティブなカラーコーディネートや機能的な撥水素材を採用する「NESS(ネス)」
・SUVテイストでアウトドアが似合う「CROSSTAR(クロスター)」
・ラグジュアリーな素材や装備を採用する「LUXE(リュクス)」

それぞれのタイプにガソリン車とハイブリッド車があり、FFと4WDがあります。

つまりこれだけで、5つのタイプ×2つのパワートレイン×2つの駆動方式=20種類! さらにいえばカラーバリエは25色。

今後どんなに売れても、街中で全く同じ『フィット』にはなかなか出会えないかも。…それも定番モデル、人気モデルゆえの戦略なのかな。

ちなみに試乗させていただいたのは、5つあるタイプのなかから「HOME」のハイブリッドタイプ。正式タイプ名は『e:HEV HOME』。

大きな目玉が印象的なデザインはどこか欧州車風

新技術や安全性の進化など変更ポイントは数あるものの、まず気になるのはデザインですよね。

大きなヘッドライトのフロントマスクは、まるでネコのよう。ネコのようだけどプジョー(それは足か)というよりはルノー的なお目目。

運転席のスイッチをAUTOに設定しておくと、デイライトがついてさらにパッチリ。

そして実車を見る前から気になっていたのがAピラー。

フロント部から天井にかけてワンモーションになっているピラーと、その内側にあるように見えるサイドミラー近くの黒いピラー、二つあるけどどちらが本当の(衝撃吸収役の)Aピラー?

…と思ったら、実は外見上は目立たないドアミラー側のピラーが、衝撃を吸収する役割をもつピラーでした。

なお、太さは従来の半分以下だそうですが、4代目は衝撃吸収の経路を見直し、フロントからの衝撃をボディ全体で吸収するそうです。

ということで、フロントガラス側のピラーはフロントガラスを支えているだけ(3代目はこちらが衝撃吸収役でした)。

全体のスタイルや運転席に座ったときの開放感にかなり影響を与えています。

実際、運転席に座ってみると確かに視界が広く開放感があって、リラックスできます。

それは視界の良さに加え、水平&直線を基調としたインパネ、バイザーがなくシンプルで見やすいメーターなどによるもの。

メーターにバイザーがないのですが、運転中に外光が反射して見にくくなることはありませんでした。

そうそう! ステアリングが2本スポークなんです。

通常は下の方にしゃくれたアゴのようなデザインのスポークがあり、「T」の形になっていますが新型は2本。

たったそれだけなのに、まるでお腹まわりのぜい肉がなくなったようにスッキリ。

そしてドライバーズシートは背中と腿裏に厚みを感じましたが、骨盤から腰椎までを樹脂製マットで支えるボディスタビライジングシートを初めて採用したそうです。

室内の素材感も上質。ちなみにタイプによって撥水ファブリックシートや本革シートなどを設定しています。

一方、リアシートは広さが十分なことはもちろん、厚みのあるパッドを採用しており、座り心地も良いです。

また、運転席と助手席の間には滑り止めがついたスペースがありました。ここはかばんなどをおけるテーブルコンソール。

普通の速度で運転している範囲では、曲がり角で遠心力によってかばんが滑り落ちることがないので日常的には便利な装備かもですね。

視界の良さと開放感、座り心地、手に触れる部分の素材感など、新型『フィット』の心地よさへのこだわりが感じられました。

「e:HEV」の滑らかな走りと程よいパワー感

今回は、ホンダカーズ新潟中央赤道店を出て、新潟バイパスや新潟駅南、上古町など、トロトロ運転からそこそこハイスピードなルートを楽しみました。

改めてですがパワートレインは1,5ℓエンジンを搭載する2モーター式のハイブリッド。
(ちなみにガソリン車は1.3ℓエンジンを搭載)

走りはモーターをメインに、エンジンが発電役になったり、エンジンドライブになったりしますが、新潟バイパスでは多くがモーター走行。街中でもモーター走行が多く、エンジンがいつ作動したのか振動などは全然気がつかないほどでした。

また、加速はモーターならではの滑らかさで、パワー感と静かさも十分。

十分なのですが私の期待値が高過ぎて、もう少しだけロードノイズが少ないと思っていました(笑)。繰り返しますが十分静かなんですけどね。

乗り心地は上質です。運転していてあからさまにホディ剛性の高さがステアリングに伝わってくる感じではないのですが、しなやかなで快適な乗り味です。

路面からの衝撃を速やかに吸収して、ゴツッという感じもありませんし、長時間の運転も苦にならず、のんびり快適なドライブが楽しめると思います。

ちなみに今回試乗した『e:HEV HOME』のカタログ燃費は、FFでWLTCモード28.8km/ℓ、JC08モードは38.6km/ℓ。

ガソリン車の『HOME』は、FFでWLTCモード20.2km/ℓ、JC08モードは22.8km/ℓです。

Honda SENSINGの進化とコネクテッド技術「Honda CONECT」をチェック

外観デザインと室内空間、走りときて、最後はHonda SENSINGとホンダのコネクテッド技術についてです。

まず、おなじみの安全運転支援システム「Honda SENSING」ですが、フロントワイドビューカメラなど新しい3つの検知方法でサポートしてくれます。

それもあり、後方誤発信抑制機能やオートハイビーム、そしてホンダ初の近距離衝突軽減ブレーキが装備されました。

そして今回、これからのカーライフを考えると、ある意味最大の注目ポイントとなるのが、このクルマから初搭載されるコネクテッド技術「Honda CONECT」。

サービス内容は以下の通りです。

『緊急サポートセンサー』
●エアバッグが開くと同時にオペレーターに自動通報。救命活動に移ります。とくに緊急性が高い場合はドクターヘリの派遣もあるそうです。

●体調が悪くなったとき、高速道路上で執拗にあおられているときなどの緊急時、天井の赤いSOSボタンを押すとオペレーターにつながり、警察や消防に取り次いでくれます。

●トラブルサポートボタン(下写真の青ボタン)は、クルマが故障した、操作方法が分からない、警告灯が点灯したなどの困りごとに対応。オペレーターがクルマのデータを確認しながら、状態に応じてアドバイスしてくれます。

『Hondaリモート操作』
●エアコン操作
離れた場所からスマートフォンでクルマを操作できるので、エアコンを事前に始動しておいて乗ったときから快適…なんてことが可能。

●し忘れ通知・ドアロック操作
ドアロックのし忘れ、ライトの消し忘れなどのときスマートフォンで通知を受けて操作ができるなど、うっかりをサポートしてくれます。

●クルマを探す
広い駐車場でクルマをどこに停めたのか忘れたとき、スマホの地図上で位置を確認でき、ハザードとブザーでお知らせしてくれます。

さらに追加オプションで『Honda ALSOK駆けつけサービス』もあって、離れた場所でクルマの異常があるとき、緊急サポートセンターを通じて、ALSOKのガードマンが現場に急行してくれます。

…といったサービス。

ちなみに「Honda CONECT」を利用するためには、「Honda Total Care プレミアム(ホンダ トータルケア プレミアム)」への申し込みが必要です。

料金は、初回申込みから12ヵ月が無料、以降は月々550円(税込)。

また、『Honda ALSOK駆けつけサービス』はオプションで、基本パック(『緊急サポートセンサー』『Hondaリモート操作』)の初回申込みから12ヵ月が無料。以降、月々プラス330円(税込)とのこと。

いつもながらかっこいいテレビCMを作るなぁ

というわけで今回、新型『フィット』に触れて感じたのは、心地よさと安全性の高さ、いよいよ本格始動したホンダのコネクテッド技術、といった感じでした。

ちなみに新型『フィット』のテレビCMって、他車種のCM同様に楽曲選びがいいですよね。

やっぱり奥田民生さんの音楽は心地よいです。

もしかしたら新型『フィット』には「4つの心地よさ」というこだわりがあるから、CMも心地よさをテーマにしよう!ということで、奥田さんを選んだのかな?…と思いました。

そういえばナレーションの声も穏やかでよいと思いませんか?

実は妻夫木聡さんなんです。いつも笑顔のイメージがある心地よい存在感の俳優さんですよね。

ホンダはいつもCMが上手ですよね。映像と音楽がおしゃれでね。

どちらの広告代理店さんなんだろう? 素晴らしい担当者さんなんだろうなぁ・笑。

【お知らせ】

●当サイト「Car&Life Niigata」ではFacebookTwitterをやっています。

Car&Life Niigataで掲載した新車情報や、ドライブ&グルメ情報など、新潟のカーライフ情報をアップしたら随時FacebookやTwitterでもお知らせしています。

ぜひフォローや「いいね!」をお願いします!


●最近の注目記事を見る

ついんビートコラムvol.17〜『シティターボIIに乗りはじめて最大の問題に直面!!』〜

フロントガラス交換&エーミングはオートリペアニイガタで!

目元キリッ!2019秋のMCでホンダ『フリード』はここが進化した|試乗レポート

アバター by
Car&Life Niigataの編集長。兼、新潟の情報誌『月刊にいがた』の編集部員。広告営業をメインに、カーライフ誌面「このクルマ このシーン」などを担当。編集部イチのクルマ好き。入社以来24年、どんなに歳を重ねようがあだ名は「ヤング」。「新潟版図柄入りナンバープレート検討委員会」の委員を務めた。
SNSでフォローする