目元キリッ!2019秋のMCでホンダ『フリード』はここが進化した|試乗レポート

5ナンバーサイズのコンパクトミニバン『フリード』は、広い室内空間と扱いやすさで大人気。

2019年秋のマイナーチェンジからちょっと時間が経ってしまいましたが、今回試乗する機会があったのでレポートしたいと思います。

試乗車をお借りしたのは「ホンダカーズ新潟中央」さん。

photo:FREED G・Honda SENSING(FF/6人乗り)。ボディーカラーはシーグラスブルー・パール

今回の変更点は以下の5つです。
●外観:フロントグリルを中心に形状変更し、より精悍なスタイルに
●内装:ウォールナット調パネルの採用、およびシート表皮を刷新
●走行面:ブレーキ操作ステップダウンシフト制御の採用(要は下り坂での安定感の向上)
●安全面:「Honda SENSING」を全タイプ標準装備し、後方誤発進抑制機能を追加
●追加グレード:クロスオーバーモデル『CROSSTAR』の新登場

…といった具合ですが、個人的に最も気になったのは顔つきの変更でした。


公式HPより引用

上がマイナーチェンジ前で下がマイナーチェンジ後。

個々で好みはあると思いますが、かなりカッコよくなったと思うんです。

ピューマのようなネコ化っぽい顔つきになったというか、20年くらい前に気になっていたルノー『ルーテシア』を思い出しました。

グリルが変わったのはもちろんですがヘッドライトだけみると、どこが変わったのか分かりにくいです。

でもよく見ると、ヒトでいったら目頭の上部分が変わっています。ちょっとしたプチ整形レベルなのに、こんなに印象って変わるんですね。

さらにバンパーが前方へ張り出してあって、より安定感が高まったように思えます。

走りや使いやすさ、安全性能も重要だけど、クルマにあまり関心がない皆さんって、まずはデザインと色…という方も多いですもんね。

先に書いた今回の変更ポイントのなかでも、私が最も印象的だったのは外観デザインの変更でした。

ちょっと本気で欲しいです…買えないけど(笑)。

でも『シエンタ』もいいんだよね。。。
(『シエンタファンベース』のリポートはこちら

セダンから乗り換えたオーナーも納得できるであろう、上質な室内空間と走り

スタイルの話が長くなりましたが、続いては室内や走りをチェック。

ウォールナット調パネルが運転席から助手席まで横断しています。

昔は、“なんちゃって木目感”が安っぽく感じられた時代がありましたが、今や素材や色、手触りも良いと思いますし、プラスチック感も今や “こういうもんだしね”とこっちが慣れてきた感もありますよね。

シートの風合いも良く、運転席からの見晴らしは抜群。

スイッチ類もコンパクトにまとまっていて操作性に優れています。

2列目、3列目も上質な雰囲気。“足るを知る”じゃないですが、「このサイズでこの空間。これで十分じゃないか」と素直に思ってしまいました。

↑2列目は足元広々。6人乗りは個々でゆったり座れます

 


↑3列目へのウォークスルーも可能

 

↑低床なので乗り降りスムーズ。年配の方も比較的乗りやすいと思います

なお、3列目の収納はこんな感じです。

↓こんな感じでフックで固定します。

さて、試乗車は1.5ℓエンジン搭載のガンリン車。今回はひとりドライブでの感想ですが、とてもスムーズです。

軽快で、なおかつステアリングフィールに安心感があります。ワンランク上のミドルサイズミニバンのそれとは異なりますが、なにせリラックスして運転できるんです。

ファミリー層はもちろん、この質感の高さは、セダンから乗り換え車両を探しているシニア層にもおすすめだと思いました。

お孫さん家族とお出かけしやすいし、目線が高く運転しやすいのでいいかもですね。

車中泊などを楽しみたいなら2列シート仕様の『フリード+』もあるしね。

クロスオーバースタイルの新グレード『CROSSTAR(クロスター)』が登場

今回のマイナーチェンジにおける最大の注目ポイントは、新グレード『CROSSTAR(クロスター)』の登場でしょう。


公式HPより引用

専用のフロントグリルや前後バンパー、LEDフォグライト、ルーフレール、専用カラーのドアアウトドアハンドルやドアミラーなどを採用。

遊び心と力強さを表現した流行りのクロスオーバースタイルです。

『クロスター』はガソリン車(6人乗り)のFFで車両本体価格が約238万円。

一方、ノーマル『フリード』のガソリン車(6人乗り)の4WDが約240万円とほとんど同じ。

同様に、ハイブリッドモデルの『クロスター』(6人乗り)のFFで車両本体価格が約278万円。

そしてハイブリッドモデルのノーマルタイプ(6人乗り)の4WDが約280万円。

つまり『クロスター』を選ぶことと、FFではなく4WDを選ぶことがおおよそ同じ差額なんですね。

購入する方はグレード選択に迷っちゃうでしょうね。

公式HPより

そういえば『クロスター』の登場時、勘違いしていたことがありました。

『クロスター』の存在を、トヨタ『シエンタ』における『シエンタファンベース』のように、2列シート5人乗りの趣味系バージョンと思っていたんです。

シエンタファンベース

でも、「そういえば2列仕様は『フリード+』があるじゃん」と思い出した瞬間、「そっか! クロスターはあくまでSUVテイストバージョンだよな」…と気づきました。

…となると『フリード』ってとても選択肢が多いんです。

ノーマル『フリード』と、SUVテイストの『フリード クロスター
×
3列シートの『フリード』と、2列シートの『フリード+
×
ガソリン車とハイブリッド車

つまり、これだけでもざっくり2×2×2=8通りってこと。

さらにFFと4WD、6人乗りと7人乗りもあります(より正確にいえば福祉車両も)。

混乱した私は思わず「もうええわ!」とブラマヨの漫才のように張り手したくなりました。

本当に興味がある方はご自身でお調べくださいませ。でも新車購入のときって、そんな悩みもまた楽しいはず。

ともあれ、キリリとした顔つきと上質なスタイル&走りには感心しました。


【お知らせ】

●当サイト「Car&Life Niigata」ではFacebookTwitterをやっています。

Car&Life Niigataで掲載した新車情報や、ドライブ&グルメ情報など、新潟のカーライフ情報をアップしたら随時FacebookやTwitterでもお知らせしています。

ぜひフォローや「いいね!」をお願いします!

●最近の注目記事を見る

FIAT車に興味がある人はご注目! 試乗してイタリア老舗ブランド菓子をゲット|フィアット/アバルト新潟

2月29日(土)国内Bライセンス講習会を開催|JAF新潟支部

うまいそばを求めて県内各地にドライブへ!|妙高.加茂.五泉.柏崎.新発田.阿賀野.湯沢.魚沼.村上9選

アバター by
Car&Life Niigataの編集長。兼、新潟の情報誌『月刊にいがた』の編集部員。広告営業をメインに、カーライフ誌面「このクルマ このシーン」などを担当。編集部イチのクルマ好き。入社以来24年、どんなに歳を重ねようがあだ名は「ヤング」。「新潟版図柄入りナンバープレート検討委員会」の委員を務めた。
SNSでフォローする