上越地域図柄入りナンバープレートの交付がスタート!

2020年4月13日から申込みが開始されていた上越地域図柄入りナンバープレートの交付が、5月11日(月)からスタートしました。

上越市、糸魚川市、妙高市区域が対象で、日本海とともに3市の特色がそれぞれ描かれています。

上越市は、”越後の龍” こと上杉謙信と日本三大夜桜のひとつに数えられる高田公園の桜。

妙高市は、日本百名山に選定されている妙高山。

そして糸魚川市は、良質で稀少性が高いと評されている翡翠の勾玉。

地域性が伝わる素敵なデザインですよね。

謙信公と一緒に走れるようでかっこいいし、もしフェラーリに付けたら、まるで謙信公が馬に乗って走っているが如く(笑)。

なお、申し込みできる車両は、自家用登録自動車、軽自動車、事業用登録自動車で、軽自動車には黄色の縁取りが、事業用登録自動車には緑色の縁取りが施されます。

フルカラー版とモノクロ版の2種類あり、カラー版の図柄入りナンバープレートの交付を受けるには、交付手数料の他に1,000円以上の寄付が必要です。

寄付金は公益財団法人日本デザインナンバー財団が管理し、各地域の交通改善や観光振興などの取り組みに活用されます。

ちなみに通常版(図柄なしナンバープレート)もありますよ。

 

これにより現在、県内では図柄入りナンバープレートが3タイプとなりました。

過去記事「新潟版図柄入りナンバープレートの図柄が決定」を見る

なお、申し込みはカーディーラーや自動車整備工場などで可能ですが、「図柄ナンバー申込サービス」ホームページから自分で行なうとこともできます。

 

ちなみな今回、上越版のほか、新たに17地域の地方版図柄入りナンバープレートが交付されました。


国土交通省HPより

個人的に気になったのは奈良県の飛鳥ナンバー。朱雀が描かれていて、発表時にかっこいいと話題になったそうです。

それと島根県・出雲ナンバーの八岐大蛇(ヤマタノオロチ)も付けたくなるデザインですね。

島根県在住の光岡『オロチ』オーナーさんにはぜひ付けてほしいなぁ。

皆さんはどの図柄入りナンバープレートがお好みですか?


【お知らせ】

●当サイト「Car&Life Niigata」ではFacebookTwitterをやっています。

Car&Life Niigataで掲載した新車情報や、ドライブ&グルメ情報など、新潟のカーライフ情報をアップしたら随時FacebookやTwitterでもお知らせしています。

ぜひフォローや「いいね!」をお願いします!

●最近の注目記事を見る

FIAT全車体感シリーズvol.2『Panda(パンダ)』

新型『ルークス』はミニバン顔負けの広さ! 複雑交差点が多い新発田の町中もスイスイ|試乗記

車内や屋内などさまざまな場所を除菌・滅菌する『ROOM DEFENCE COAT』

アバター by
Car&Life Niigataの編集長。兼、新潟の情報誌『月刊にいがた』の編集部員。広告営業をメインに、カーライフ誌面「このクルマ このシーン」などを担当。編集部イチのクルマ好き。入社以来24年、どんなに歳を重ねようがあだ名は「ヤング」。「新潟版図柄入りナンバープレート検討委員会」の委員を務めた。
SNSでフォローする