新潟版図柄入りナンバープレートの図柄が決定

国土交通省へ提案する新潟ナンバー、長岡ナンバーの図柄はこちら!

新潟県が「新潟版図柄入りナンバープレート検討委員会」を立ち上げ、これまで自動車用の新潟版図柄入りナンバープレートの導入に向けた検討を行なってきたが、11月27日(月)に開催された第4回検討委員にて、国土交通省へ提案する図柄が決定した。

11月27日(月)午後3時30分より知事室での報告が行なわれた

[県民人気投票の結果]
●投票期間:平成29年10月4日(水)~10月31日(火)
●投票の資格者:新潟県在住の個人
●投票方法:WEBサイトまたはハガキ
●有効投票数2,939票(新潟1,560票、長岡1,379票)


《最優秀賞(国土交通省への提案図柄)

【新潟ナンバー】

受賞者:東京都・小川清勇さん(52) グラフィックデザイナー

●受賞者による作品説明
「萬代橋の夕焼け、そこに象徴的に朱鷺を飛ばすことで、新潟らしさを表しました。
萬代橋は、川面に映っているイメージにし、夕焼け、朱鷺を飛ばすことで全体が一体になるようにデザインし、情緒的な印象になるようにしました」

●選定理由(検討委員会)
県民人気投票において、最多票を得た。 萬代橋が入っているが、新潟市民以外の集計でも最多の票を集めた。

●受賞者の声
「この度は、誠にありがとうございます。県民投票を経て採用されたことが大変光栄に思います。 このデザインが、県民の皆様に愛され、1台でも多く車に付けていただけたら幸いです」

 
【長岡ナンバー】

受賞者:大阪府・福添歩美さん(41) グラフィックデザイナー

●受賞者による作品説明
「長岡市といえば、全国的に有名な日本三大花火大会の一つである「長岡花火」をモチーフに世界・未来へ平和への思いを繋ぐ花火を美しくデザイン致しました」

●選定理由(検討委員会)
県民人気投票において、全体としては1位とわずか3票差の2位であり、市町村ごとの集計結果を見ると、長岡市民のみならず、長岡ナンバー地域全域で幅広い支持を得ているため、デザイン性のほか、地域バランスを考慮し、本作品が選定された。

●受賞者の声
「最優秀賞の連絡を頂き、喜びと驚きでいっぱいでした。この受賞を機に益々デザイン制作に励みたいと思います」

 
今後の予定としては、12月1日(金)まで県から国土交通省へ図柄等提案し、平成30年7月頃国土交通省の審査を経て、図柄等を決定。 平成30年10月頃交付開始する予定となっている。

なお、図柄入りナンバープレートは、希望者に対して交付されるもので、自動車ユーザーは従来通り、図柄なしのナンバープレートも選択できる。地域の交通サービスの改善等に活用するため寄付をする場合はカラー、しない場合はモノトーンの図柄が交付される。

 
《「新潟版図柄入りナンバープレート検討委員会」に検討委員として参加して…》
5月24日の第1回検討委員会からの約半年。図柄の選定方法や募集方法の決定から、応募開始、そして人気投票まであっという間でしたが、検討委員として参加させていただき貴重な体験となりました。

応募作品はプロの方から、お子さんが色鉛筆で描いたようなアットホームな作品まで、それぞれ想いがこもったデザインばかりだったので、「選ぶ」という作業が心苦しかったのが本音です。

交付予定は平成30年10月頃。つまり約1年弱時間が空くので、交付開始時には、さらに新潟県民が盛り上がるよう、当サイトでも情報を発信していきたいと思います。(Car&Life Niigata編集長 若槻康弘)

 

〈お問い合わせ先〉
事務局:新潟県交通政策局交通政策課
tel.025(280)5108(直通)

「新潟版図柄入りナンバープレート」過去の記事
10/3の記事→http://joyfultown.jp/carandlife/news/3801
8/31の記事→http://joyfultown.jp/carandlife/news/3543
6/21の記事→http://joyfultown.jp/carandlife/news/3087
5/24の記事→http://joyfultown.jp/carandlife/news/2863

by
Car&Life Niigataの編集長。兼、新潟の情報誌『月刊にいがた』の編集部員。広告営業をメインに、読者投稿誌面「ヤングハイスクール」やカーライフ誌面などを担当。編集部イチのクルマ好き。入社以来23年、どんなに歳を重ねようがあだ名は「ヤング」。「新潟版図柄入りナンバープレート検討委員会」の委員を務める。
SNSでフォローする