ホンダ『ジェイド』に2列5人乗り仕様登場! 新たな価値観で魅力アップ【試乗記】

現代に蘇った4ドア版『アコード エアロデッキ』みたい?

低全高でスタイリッシュなフォルムの3列6人乗りミニバン、ホンダ『ジェイド』。

2018年5月のマイナーチェンジにより、2列シート5人乗り仕様が登場したので試乗してきました。

今回はホンダカーズ新潟中央 松崎店さんから車両を借りてドライブ。

試乗車は『HYBRID RS Honda SENSING(ハイブリッドRS ホンダセンシング)』。もちろん2列シート5人乗り仕様です。

試乗車の『RS』はインラインタイプのLEDヘッドライトや、ハニカムメッシュフロントグリル、さらに18インチアルミを採用するなど、よりシャープでスポーティなデザインになりました。

ちなみに資料を見ると、コンセプトは「NEW STYLE WAGON」って書いてあります。そう、この2列5人乗り仕様は、ミニバンではなくワゴンなんですね。

ロー&ワイドなワゴンって、まるで『アコード エアロデッキ』を思い出させてくれます。

↑今見てもかっこいいなぁ! ※Honda公式ホームページより引用


↑比べるとあんまり似てないか…。

フロントから天井にかけて、とても伸びやかだし、ヘッドランプのスッとした形状なんて昨今のホンダ顔の中でも、かなりカッコいい感じするなぁ。

さて、外観に好印象を抱きつつ、ドアを開けて室内へ。

シートやインパネ、ドアの内張りなど全体的に統一感が感じられるし、上質な雰囲気です。

そして随所にあしらわれたオレンジのステッチがスポーティな気分。

また、センターコンソールの存在もあって適度なコクピット感があり、運転中はヒジを置いてゆったりドライブできそうですね。

正座してお茶が飲めそうなほど広い後席の足元

後席はとにかく広い! そりゃそうです。もともとも3列シートの車両を2列にしてるんだもん。

中央には大型アームレストとテーブル、ドリンクホルダーを完備。

フロアなんて正座してお茶が飲めちゃうそうなほど、スペースにゆとりがあります(大袈裟?)。

シートも座り心地が良いし、ロングドライブも快適に過ごせそう。

こりゃもう、気分は「リムジン」。これは自分で運転するクルマではなく、後ろに座って移動するためのクルマかって思うくらいです(でも、このあと運転して気が変わりますが)。

そしてラゲッジスペースをチェック。

開口部が低くて荷物が積みやすいし、奥行きもたっぷり。


↑こんな小物入れスペースもあるでよ

2列目シートは6:4分割できるので長い物も積んだりフレキシブルに使えます。

ラゲッジカバーを使えば、よりワゴンらしくスタイリッシュ。

それにしても一台のクルマで、低全高なミニバン(3列6人乗り仕様)と、5人乗りステーションワゴン(2列5人乗り仕様)をタイプ別で実現させるなんて、その発想がホンダらしいですよね。

ドライバーは爽快で楽しく、後席に座る人も快適

さて、最後は運転して走りをチェック。

発進時から静かでスムーズな乗り心地。低速粋ではEVモードで走行するし、エンジンに動力が切り替わる瞬間もごく自然で、意識しなければ気づかない程度です。

1500ccエンジンはモーターのアシストもあって、とても爽快。低全高だけに地面の低い位置から空気を切り裂いて走っている感じです。

↑空気しっかり吸いますよ〜と言わんばかりのエアクリーナーの空気の取り込み口

7速ATを搭載しているのですが、低速時からアクセルをやや踏み込んで加速すると、「フォ〜ン、フォ〜ン」とシフトアップ時のサウンドがわずかに聞こえてきて気分を盛り上げてくれます。

↑Sモードでさらにスポーティにドライブ

今回は、ショールームを出て、みなとトンネルからシーサイドを走ったり、見晴らしの良い阿賀野川河川敷をドライブしたのですが、高低差のあるゆるいカーブをスイ〜スイ〜と気持ちよく駆け抜けるシーンはホント爽快でした。

↑新潟市中央区のどっぺり坂付近もドライブしました。エレガントな街並に似合うでしょ

ボディは4660mmもあるけど、リアのWウィッシュボーンが滑らかに追従してくれる感じがして…なんて一般ドライバーの私にはそこまで分析能力ないですけど(笑)

なお、燃費はリッターあたり24.2km(JC08モード)です。

ちなみにガソリンエンジンタイプは、1600回転から最大トルク(20.7kgf・m)を発生す1500ccVTECターボエンジンを搭載し、CVTと組み合わせられています。

「CVTだと加速感のメリハリがなぁ…」という方へ。

なんとアクセルペダルの踏み込むと、高回転域でリズミカルなステップ変速を行ない、エンジンサウンドと加速が調和した走りが楽しめるそうです。

機会があれば、こちらも乗ってみたいなぁ。

なお、歩行者事故軽減ステアリング機能を全車に標準装備するなど、安全運転支援システム「Honda SENSING」の機能をさらに充実。

スタイル良し、人も荷物もゆったりたっぷりで、走りも良し。さらにハイブリッドも選べて燃費良しの『ジェイド(2列5人乗り)』。

背が高いミニバンは敬遠したいけど、5人がしっかり乗れて、ビジネスシーンやオフタイムもオシャレに決めたい。…そんな人におすすめだと思いますよ。

【お知らせ】
Car&Life NiigataではFaceBookもやっています。

Car&Life Niigataで掲載した新車情報や、ドライブ&グルメ情報など、新潟のカーライフ情報をアップしたら随時FaceBookでもお知らせしています。

ぜひ下にスクロールして「いいね!」をお願い致します!

by
Car&Life Niigataの編集長。兼、新潟の情報誌『月刊にいがた』の編集部員。広告営業をメインに、カーライフ誌面「このクルマ このシーン」などを担当。編集部イチのクルマ好き。入社以来24年、どんなに歳を重ねようがあだ名は「ヤング」。「新潟版図柄入りナンバープレート検討委員会」の委員を務めた。
SNSでフォローする