スタイルが劇的進化! 存在感を強めた2代目ジープ『コンパス』【試乗記】

まるで『グランドチェロキー』を思わせる逞しく美しいスタイルに進化

2017年12月にフルモデルチェンジし、2代目となったジープ『コンパス』。

今回、車両をお借りしたのはジープ新潟(新潟市中央区)さん。試乗車は2WDの『ロンジチュード』。

フラッグシップモデル『グランドチェロキー』のDNAを受け継いだと思わせるフロントマスクは、先代より明らかにアグレッシブさと高級感が向上しました。

写真撮影時、しゃがんで斜め前から見ていると素直にかっこいいと思いました。

外観の特徴といえば。まずはジープのアイデンティティであるの7スロットグリル

そして、エアロダイナミクスを採用したルーフラインが独特で、フロントからリアガラスにかけてなだらかに下降していくがフォルムが美しいです。

一方、室内は上質なムードで、ピアノブラックやクロームの輝きが美しいインパネはエレガントさも漂っています。

メーター類を見ると、まるでタイヤのようなデザインになっていて、この辺の遊び心はジープらしい(勝手な思い込み? きっとそうだよね?)。

遊び心と言えばリアゲートを開けて、ふと上を見たら「あら、アイコン!」

一方、後部座席に座ってみようとドアを開けると、90度近く開いて出入りがスムーズ。その気配りたるや、まるで国産軽自動車のようです。

前席との感覚や頭上には十分なゆとりがあり、大人3人がゆったり座れます。

『コンパス』は同じくジープブランドのコンパクトSUV『レネゲード』の兄貴的存在ですが、全長で15mm弱大きく、ホイールベースで65mm長く、この差は室内空間にいかされているようです。

リアシートは6:4分割可倒式(『リミテッド』は4:2:4の分割可倒式)で、ゴルフバックを搭載したり用途に応じて多彩なアレンジが可能です。

気持ちよく回るエンジンで爽快ドライブ

さて、お楽しみのドライブへ。

試乗車の『ロンジチュード』は前輪駆動。175馬力を発生する2.4ℓ自然吸気エンジンは6速ATと組み合わせられています(4WDの『リミテッド』は9速AT)。

新潟バイパス桜木インターの一角にある「ジープ新潟」ショールームを出て、まずは制限速度70kmの新潟バイパスを走ってみました。

自然吸気ならではの優れたレスポンスと、回転が増すに連れナチュラルに湧き出るパワーフィールが心地よいです。

プロレス好きの私の喩えでいえば、ステロイドでつけたムキムキの筋肉でなく、ロープ登りやタオル引きなど器具を使わないゴッチ式トレーニングで鍛え上げた、ナチュラルな筋肉のような力強さです(余計分かりづらくなった?)

何より気分がとっても開放的!

それは着座位置が高く、遠くまで見渡せるという物理的な理由だけではなく、ゆとりがあり扱いやすいパワーや安定した乗り心地、さらにアウトドアな気分になれるブランドイメージもあるのだろうと思います。

パワー十分だけど、他車を威圧するようなオラオラ的な走りをする気にはならない。

大空と大地と自分。まるでアメリカンバイクに乗っているようなおおらかな気持ちになれました。…って私、アメリカン乗ったことないですけど。

走行性についていえば、ロードホールディング性が高いうえ、路面のつなぎ目や凹凸を乗り越えても、決してフワッとすることもなく車体が安定しています。

ちなみに試乗車はスタッドレスタイヤを装着していましたが、それを差し引いても安定感は高いと思いました。

もちろん自動車評論家さんがサーキットなどで限界を試す走りをすれば、また違う表現をすると思うけど、一般ドライバーの私からすると快適そのもので、ステアリングを握っている時間が楽しいです。

ちなみに以前乗った『レネゲード』と比べても、ステアリングから地面までが近い感じがして、こちらの方が街中向けな乗り味だと思いました。

ただ今述べたこの感想は、自分で言っておきながら注意が必要で、今回試乗した『コンパス ロンジチュード』は最低地上高180mmの2WD仕様で、以前試乗した『レネゲード トレイルホーク』は最低地上高200mmの4WD仕様なので、安易に比べられないことも追加しておきます。

でも、とはいえやっぱり『レネゲード』は『ラングラー』の血筋で、『コンパス』は『グランドチェロキー』の血筋なのではないかと想像してしまいました。

そのほか感じた点は、全幅1,810mmもあるのに車幅感覚がつかみやすく、運転しやすい点も好印象です。

試乗&撮影を終えたショールームへの帰り道、あえて細い道を走って感覚を確かめようと、鳥屋野運動公園野球場から桜木ICへの鳥屋野潟沿いも走る細い道を走行(う〜ん、地元民しか分からん!)。

歩くほどのスピードでもすれ違いが困難な場所(昔、「●鳥」というホテルがあった約90度の曲がり角がある一本道)でも、落ち着いてすれ違うことができました。

なお、今回は2WDの『ロンジチュード』に試乗しましたが、『リミテッド』では4WD仕様ならではの装備が充実しています。

オート、スノー、サンドモード、マッドの4つのモードで、あらゆる路面状況で走行安定性を実現する「セレクテレインシステム」と、あらゆる路面状況において自動で走行性能を強化する「アクティブドライブ」を標準装備。

機会があればぜひ乗って試してみたいです。

また、ジープというクルマを選ぶうえで、ブランドやデザイン、走破性で選ぶ人は多くても、衝突回避などの先進安全装備を第一の理由で選ぶ人は少ないのではないでしょうか。

ところが『コンパス』のカタログを見ると、先進安全装備の充実ぶりに驚かされました。無知で失礼しました!

事故などの異常事態を未然に防ぐアクティブセーフティと、それらが起きた際に人体などへの影響を最小限に抑えるパッシブセーフティ。

さまざまなセーフティ&セキュリティシステムで車両を全方位でサポートしてくれます。

個性が増した2代目は選ぶ理由がより明確に

冒頭に『グランドチェロキー』を思わせるフロントマスクと書きましたが、今回運転してみて思ったのは、ミニ・グランドチェロキーではないということ。

サイズや排気量、パワーなど決して「大は小を兼ねる」ではなく、『コンパス』ならではの楽しさを持っていると思いました。

また格闘技系の喩えで恐縮ですが、ヘビー級ボクサーや格闘家の試合はパワフルで魅力的だけど、井上尚弥選手や那須川天心選手の試合の方がヒリヒリ、ワクワクするという方も多いのではないでしょうか。

『コンパス』はそんな感じです(どんな感じだ!?)

ちなみに、このクルマのキャッチコピーは「人生のコンパス」。

ジープ『コンパス』を選んだことをきっかけに、キャンプやサーフィン、釣りなど何か始めたくなるかもしれません。

まさに自分の人生の方向を決めるコンパスのような存在となり、今まで体験してこなかった新しい世界にあなたの背中を押してくれるかもしれません。

 

〜どうでもいい独り言(編集後記)〜
ジープ(FCA)のOEMで『コンパス』を日産『ラシーン』として発売したら、ダジャレみたいで面白いなぁ。
「向かってる方向がおかしいぞ」ってダジャレで批判されたりして…。

by
Car&Life Niigataの編集長。兼、新潟の情報誌『月刊にいがた』の編集部員。広告営業をメインに、読者投稿誌面「ヤングハイスクール」やカーライフ誌面などを担当。編集部イチのクルマ好き。入社以来23年、どんなに歳を重ねようがあだ名は「ヤング」。「新潟版図柄入りナンバープレート検討委員会」の委員を務める。
SNSでフォローする