『LOVE SANJO COPEN』を見に行ってきたぞ!

ダイハツのオープン2シーター軽自動車『コペン』を、さらに楽しむためのアイテムが、三条発で誕生しました。それが『LOVE SANJO COPEN』です。

ものづくりの町「三条市」を愛する気持ちを表現するために生まれた「LOVE SANJOプロジェクト」が、ダイハツ工業と連携。アウトドアを楽しむダイハツ『コペン』用のカーゴトレーラーと、炭素繊維強化プラスチックと金属のハイブリッドボンネットを備えた『LOVE SANJO COPEN』を製作しました。
プロジェクトが立ち上がったのは2014年秋。そして、ついに走行に必要な登録も終えたため、走行会を兼ねた発表会が5月9日に開催されました。
「カー&ライフ ニイガタ」でもぜひ実物を見てみたい!と思い、三条市役所経済部商工課さんを訪ねて、実車を見せてもらったというわけです。

カーゴトレーラーは容量600リットル。トノカバーはCFRP(炭素繊維強化プラスチック)とステンレスのハイブリッドというこだわり。外装とフレームはアルミで、内装にはアルミ縞板を使用。車輌重量は約150kg(トノカバー除く)で、最大積載量は100kg。
デザイン的にはシンプルで過度な装飾がなく、機能美にあふれていると思います。そしてホイールのセンターキャップに「LOVE SANJO」のロゴを入れるなど、さりげなくおしゃれな演出も。
今回、運転はしなかったのですが、実際に乗った方によると、“トレーラーを牽引している感覚はほとんどない”くらい自然な運転フィールとのこと。

アウトドア好きに限らず、街中ドライブのおしゃれアイテムとしても使えそうなこのカーゴトレーラー。『コペン』オーナーにとって気になるのは発売時期や価格ではないでしょうか。今のところ詳細は未定で、今年秋頃の販売を目指しており、受注生産になるようです。
もし街中で見かけたら、思わずこちらも笑顔になっちゃいそうだし、日本のあちこちに見かけるようになれば、三条のものづくりの素晴らしさを全国にアピールすることにもなるから、新潟県民にとってはとても誇らしいよね。

コペンイキ

Follow me!