ジープ『ラングラー』プチ試乗記〜フリークでない男のショートインプレ〜

やっぱり「唯一無二」の言葉が似合うクルマですね

先日、兄弟メディア「日刊にいがたWEBタウン情報」の取材で、JK型からJL型に変わったNEW『ラングラー』に乗ってきました。

正直、私は『ラングラー』フリークではございません。

詳しい方のなかには新型は少し丸みが云々、フロントガラスの角度が云々あるようですが、パッと見、JK型との違いが全然分かりません(笑)。

それより、このクルマは乗るたびに何か衝撃があるんです。とにかく唯一無二の存在で。

でもって、いつもの試乗記ではきちんとメモしながら乗るのですが、今回は記憶に残った箇所だけのプチインプレをお届けします。

今回は先に述べました通り「日刊にいがた」の撮影のため、一般道路(街中と新潟バイパス)のみの試乗で、それも撮影含めてほんの40〜50分程度。

まずは運転席に座ってみて「目線高っ!」「インパネが垂直!」のおなじみのファーストインパクト。この雰囲気がやっぱり『ラングラー』。

さて、桜木インター角にあるジープ新潟さんのショールームを出てすぐに新潟バイパスへ。

今回撮影したのは新登場の2.0ℓターボ搭載「アンリミテッド スポーツ」。

結構パワフルだし、思ったより静かで、ふと気づいたら新潟バイパスの法定速度。

走行中、前を走るホンダ「エアウェイブ」の天井が見えるほどの目線の高さです。

信号待ちでアイドルストップして、「そっか、こんなゴツいクルマなのにアイドルストップするんだっけ」と思いながら、ふと助手席ドアを見ると、こんなモニターが。

以前乗ったときもそうだったけど左側の死角を映すもので、車高が高いから結構便利です。

また、もうすぐ信号が青に変わりそうだなぁ〜と前方を見ていたら、フロントウィンドーに隠れアイコンをミッケ! 運転中ふと笑顔になりました。

さて撮影タイム。

どこから見ても絵になります。

後ろの席は広々。後席と荷室のスペースが拡大したそうです。

今回一番シビれたのがリアゲートの開き方。リアゲートを開くとガラス部分もフリーになり開きます。

もうこの操作だけで「ラングラー欲しいなぁ」とくすぐられました。

ふと思い出した『ジムニー』という存在

今年、新型『ジムニー』の発売で、改めて『ラングラー』が気になった人も多いのでは。

そういえば同じ年に『ラングラー』と『ジムニー』がフルモデルチェンジして発売されるなんて、すごいタイミングですね。

ジープとスズキで「そっちも変える? じゃあ今年一緒にドーン!っと出せば、このジャンルで相乗効果あるかな?」…なんて会談、当然なかったでしょうけど。

でもって、両方乗せてもらった者から言わせていただくと、この2台は比べるもんではないと思います。

共に孤高の存在というか、なんとなくボクシングの選手に似ていると思いました。

階級が違うチャンピオン同士を比較するのは、ちょっと違うという(パウンドフォーパウンドは、まぁおいといて…)。

なので、たとえ信号待ちで『ジムニー』と『ラングラー』が隣同士に停まっても、互いに「こんにちは、チャンピオン!」みたいな、同じ道を歩む同志のような感じが自然だなぁと思います。

まぁ、プロレスの場合はヘビーもJr.ヘビーも戦っちゃうけどね(笑)

 

以上、話がとっちらかったけど『ラングラー』のプチインプレでした。

過去の『ジムニー』の記事

 

by
Car&Life Niigataの編集長。兼、新潟の情報誌『月刊にいがた』の編集部員。広告営業をメインに、カーライフ誌面「このクルマ このシーン」などを担当。編集部イチのクルマ好き。入社以来24年、どんなに歳を重ねようがあだ名は「ヤング」。「新潟版図柄入りナンバープレート検討委員会」の委員を務めた。
SNSでフォローする