新潟県が水素を燃料とする燃料電池バスの試乗会を開催!

トヨタのFC(燃料電池)バス『SORA』に乗って新潟市内を運行

新潟県では水素社会の実現に向け、水素ステーションの整備や燃料電池自動車(FCV)などの普及促進や、関連産業の振興に取り組んでいます。

その一環として、9月27日(金)〜29日(日)の3日間、燃料電池バス試乗会を実施。

車両はトヨタのFC(燃料電池)バス『SORA』。

コースは、新潟駅南口より萬代橋を通ってマリンピア日本海、護国神社などを約40分運行。新潟駅南口貸切バス乗り場へ戻るコースとなっている(途中下車不可)。

燃料電池自動車といえば、現在国産の市販車ではトヨタ『MIRAI』とホンダ『クラリティ』のみ。

乗用車タイプのこの2台を見ることすら珍しいのに、燃料電池バスに乗れるなんて!

なお、今回の試乗会は先着順! 興味がある人は早速申し込んでみて!

詳しい内容や申込方法は以下の通り。

●県民向け燃料電池バス試乗会
【日時】9月27日(金)〜29日(日)、各日10:00・13:00・15:00の3回(計9回)
【運行行程】新潟駅南口より萬代橋通り、マリンピア、護国神社等を40分程度運行し、新潟駅南口貸切バス乗り場へ戻る。※途中下車不可
【集合・受付場所】新潟駅南口貸切バス乗り場(新潟市中央区花園1)
受付は各回30分前から開始
【受付人員】各回25名(先着順)
【締切】9月25日(水)まで
【申込方法】こちらの申込チラシをFAXまたはメール。
問:新潟県 産業労働部 産業振興課 新エネルギー資源開発室
(直通)tel.025-280-5257

 

【お知らせ】
●当サイト「Car&Life Niigata」ではFacebookTwitterもやっています。

Car&Life Niigataで掲載した新車情報や、ドライブ&グルメ情報など、新潟のカーライフ情報をアップしたら随時FacebookやTwitterでもお知らせしています。

下にスクロールして、ぜひフォローや「いいね!」をお願いします!

●最近の注目記事を見る

講師にはジムカーナ現役チャンピオンも登場! 「新潟ドライビングレッスン2019」

2年振りの開催! 昭和の乗り物大集合 in 阿賀野2019

新型ホンダ『N-WGN(エヌワゴン)』は、まるで体操のオールラウンダーのような万能性【カスタム L・ターボ試乗記】

 

アバター by
Car&Life Niigataの編集長。兼、新潟の情報誌『月刊にいがた』の編集部員。広告営業をメインに、カーライフ誌面「このクルマ このシーン」などを担当。編集部イチのクルマ好き。入社以来24年、どんなに歳を重ねようがあだ名は「ヤング」。「新潟版図柄入りナンバープレート検討委員会」の委員を務めた。
SNSでフォローする