《おやこる》は新潟のタウン情報誌『月刊にいがた』が作る子育て応援サイトです。 独自の編集力と企画力で親子に役立つ情報を集約。毎日チェックしたくなる読み物コンテンツやイベント情報を配信していきます。

子どもの心を育てる絵本を教えて(第8回)

 『おはなしちょうだい』のおすすめ絵本

選書

眞壁伍郎 さん

子どもたちがよい本と出会 えるよう活動する『ブックク ラブおはなしちょうだい』 代表。

新潟大学名誉教授。

前ページでインタビューした眞壁先生が代表を務めるブッククラブのリストの一部を紹介。 気になるテーマを見つけたら、子どもに読んであげてください。

 

テーマ:旅と冒険の絵本

『ころころころ』

 

作・本永定正

福音館書店
転がるきれいな色の玉。
かいだん、あかいみち、でこぼこみち、さかみち…

ころころころころ、テンポよくスイスイと転がっていきます。

最後は「しゅうてん」。

「もう一回! 」という子どもの声が聞こえてきそう。

0~2歳向け。

 

 

『ウルスリのすず』

文・ゼリーナ・ヘンツ

絵・アロイス・カリジェ

訳・大塚勇三

岩波書店

お祭りに大きな鈴を持ちたかったウルスリ。

体が小さくて大きい子たちの勢いに負けてしまう。

そして鈴を求めて冒険の旅へ。

帰りを祝う食卓の風景があたたかい。

7・8歳 向け。

 

『チムとゆうかんなせんちょうさん』

作・エドワード・アーディゾーニ

訳・瀬田貞二
福音館書店
船乗りに憧れるチムの大冒険。

嵐の中で船長が言った

「やあ、ぼうず、こっちへこい。なくんじゃない。

なみだなんかはやくにたたんぞ」

という言葉がまぶしい。

7・8 歳 向け 。

 

『こすずめのぼうけん』

作・ルース・エインズワース

絵・堀内誠一

訳・石井桃子

福音館書店
初めて空を飛んだこすずめは、遠くまで飛びすぎ迷子に。

でも無事にお母さんに出会えて一安心。

小さな体の大きな冒険を終え、おんぶで家に帰る夕暮れの空がきれい。

3・4 歳 向け。

 

おやこる by
《おやこる》は新潟のタウン情報誌『月刊にいがた』が作る子育て応援サイトです。 独自の編集力と企画力で親子に役立つ情報を集約。毎日チェックしたくなる読み物コンテンツやイベント情報を配信していきます。
SNSでフォローする