《おやこる》は新潟のタウン情報誌『月刊にいがた』が作る子育て応援サイトです。 独自の編集力と企画力で親子に役立つ情報を集約。毎日チェックしたくなる読み物コンテンツやイベント情報を配信していきます。

子どもの心を育てる絵本を教えて。(第6回)

 

      『おはなしちょうだい』のおすすめ絵本

選書

眞壁伍郎 さん

子どもたちがよい本と出会 えるよう活動する『ブックク ラブおはなしちょうだい』 代表。

新潟大学名誉教授。

前ページでインタビューした眞壁先生が代表を務めるブッククラブのリストの一部を紹介。 気になるテーマを見つけたら、子どもに読んであげてください

テーマ:家族の絵本

『どうぶつのおかあさん』


文・小森 厚

絵・薮内正幸

福音館書店
次々と登場する動物のお母さん。

子どもを運ぶやり方、連れて行き方もそれぞれ。

お母さんの優しさ、一緒にいる子どもの安心した表情は人間と同じですね。

0~2歳向け。

 

『ティッチ』

作・パット・ハッチンス

訳・石井桃子

福音館書店

ティッチは三人兄弟の末っ子。

上のふたりよりも背は小さく、できることも少ない。

末っ子ってい つもこんなことを感じて いるのかも。

でもね、 ティッチにしかできないことだってあるんだから。

3・4 歳 向け。

 

『ピーターのいす』

作・E・ジャック・キーツ

訳・木島 始

偕成社

 

ゆりかごもおもちゃもピーターの使っていたものが、新しく生ま れた妹のものになっていく。

お兄ちゃんやお姉ちゃんになる時の心の成長がきれいな絵で描かれる。

5・6 歳 向け

 

『ロバのシルベスターとまほうの小石』

作・ウィリアム・スタイグ

訳・瀬田貞二

評論社

シルベスターが拾っ た赤い石は望みがかなう魔法の石。

誤って自分を岩にしてしま います。

涙を流し息子を探すお父さんとお母さん。

親子は再び出会えるのでしょうか?

7・8 歳 向け。

 

(第7回に続く…)

おやこる by
《おやこる》は新潟のタウン情報誌『月刊にいがた』が作る子育て応援サイトです。 独自の編集力と企画力で親子に役立つ情報を集約。毎日チェックしたくなる読み物コンテンツやイベント情報を配信していきます。
SNSでフォローする