なんとドリフト車専用コーティング剤!?スパシャン&Dr.ケアコレ新ネタ3本

春到来!洗車好きにおすすめな情報をキャッチ!

新潟にも春が訪れ、いよいよドライブの季節!

そしてクルマ好きにとっては、冬の間汚れまくっていた愛車をキレイにしたくなる季節!

これまで寒くておっくうになっていたけど、暖かくなると無性に洗車したくなりますよね。

というわけでブリストル(新潟市東区)さんでゲットした「スパシャン」と「Dr.ケアコレ」の新商品情報をお届けします。

ドリフト車専用!? 防汚性タイプのスパシャンが出た!

まずは「スパシャン ドリシャン(ドリフト車専用)」(写真奥左のボトルとケース)。

これはクルマに汚れがつきにくく、たとえ汚れがついても水洗いで簡単に落ちるコーティング剤だそうです。

なるほど、ドリフトマシンってタイヤのカスやブレーキダストなどがつきやすいから、「ドリフト車専用」なんですね。

ということはドリフト車に限らず、日頃汚れがつきやすい環境にあるクルマにも適しているということだから、海沿いに暮らして冬場は塩カルを浴びまくる新潟のカーオーナーにもぴったりですね。

ちなみにボディのみでなく、ガラス、ホイールなど外観すべてに使えるのもラクちんでうれしいところ。価格は6,400円です。

鉄粉取りの「アイアンバスター」がより使いやすく

さて、お次は、コーティング前の下地処理としておすすめな「Dr.ケアコレ アイアンバスター 弐」。

鉄板取りのアイテムですが、「弐」の進化した点は2つ。

まずは匂い。

私も嗅かせてもらったけど、これまでは、まるで温泉の硫黄にも似ていて、ちょっと刺激が強かったのですが、それが「弐」になって甘い香りになりました。

「別にニオイなんていいじゃん」なんて思ったけど、実は自宅の駐車場で作業するとき、ご近所とか周囲の人々に「なんだ!このニオイは?」と思われないためもあるんですって。

作業する本人だけではなく、まわりにも配慮するなんてやさしい改良点ですね。

そして性能面も進化しており、使用する際は水と1対1に混ぜたのちスプレーして使うのですが、ボディへのトロッとした密着感がアップし、作業しやすくなったうそです。

↑鉄に反応して、ご覧の通り赤っぽくが変わります。

なお、拭き取る際は、ナノ技術採用の粘土クロスの「クレイタオル」(下写真右)がおすすめです。

でもって拭き取った直後は、人間でいえば風呂上がりの素肌のようなむき出しの状態だから、すぐにスパシャンでのコーティングがおすすめとのこと。

価格は「Dr.ケアコレ アイアンバスター 弐」が1,990円、「クレイタオル」は3,880円です。

スパシャンの効果をさらに挙げるカプセル

最後に紹介するのが「スパシャン光沢プラス」(写真手前)と「スパシャン撥水プラス」。

名前の通り、より光沢を求める人は「スパシャン光沢プラス」で、より撥水力を求める人は「スパシャン撥水プラス」。

使い方は簡単。これまでのスパシャン商品にプラスして入れるだけで、その効果がグレードアップするというもの。

例えば、冒頭に紹介した「スパシャン ドリシャン(ドリフト車専用)」に、より光沢を求めるなら「スパシャン光沢プラス」を1個注入。さらに効果を求めるなら2個以上入れてもOK。

また、同時に撥水力を求めるなら、「スパシャン光沢プラス」と「スパシャン撥水プラス」をそれぞれ追加投入するのもOKなのだとか。

つまり自分だけのオリジナルカスタムのコーティング剤ができるってわけです。これは洗車好きはくすぐられますよね。

カプセルは両商品ともに1箱5個入りで、価格は各2,990円

以上「スパシャン」と「Dr.ケアコレ」の新作情報をお届けしました。より詳しい情報はお店まで。

春の洗車シーズンにぜひお試しあれ〜!


◆店舗情報◆

ブリストル
新潟市東区下場本町1-1
tel.025-256-5100
9:00〜19:00
無休
駐車場5台
http://www.bristol.web-s.jp/

by
Car&Life Niigataの編集長。兼、新潟の情報誌『月刊にいがた』の編集部員。広告営業をメインに、読者投稿誌面「ヤングハイスクール」やカーライフ誌面などを担当。編集部イチのクルマ好き。入社以来23年、どんなに歳を重ねようがあだ名は「ヤング」。「新潟版図柄入りナンバープレート検討委員会」の委員を務める。
SNSでフォローする