【結果発表】「新潟マイカー総選挙」を制したのはあのクルマ!

なんとあのメーカーの応募が全然ない!?

1月25日(水)から2月28日(火)まで当サイトで行なっていた「新潟マイカー総選挙-2017-」。

投票していただいた皆さま、ありがどうございました!

いよいよ結果を発表します!

 

まずは【メーカー別順位】ですが、なんと1位はホンダ!

そして2位日産、3位ダイハツと続きました。

ホンダ、ダイハツ、スズキといえば軽自動車のシェアトップ3メーカー。

新潟県民は軽自動車の所有率が高いからこういう結果になったのかも。

実際、全体的に見ても今回の投票の約4割が軽自動車でした。

そして、なにより驚いたのはトヨタ車オーナーの投票の少なさ。

全体のたった5%でした…なぜ?

世間的には新車売上げの約45%くらいがトヨタのはず。

続いてホンダと日産が12%くらいで。

 

この偏りは、どうしてなんだろう…?

でもって私なりに考えてみました。

今やトヨタ車といえば台数が多いのは『プリウス』と『アクア』。

もしかして、それらのオーナーさんたちは、「どうせ自分が投票しなくても、ほかの人が投票するだろう」と思ったのではないか?ということ。

それにトヨタのクルマといえば、やはり「安心」「王道」のようなイメージも強く、「カーライフを楽しもう」という方よりも「移動手段の道具」としてシェアNo.1のトヨタ車を選んでいる方が多いのでは?…となると、そもそも今回の投票企画自体にあまり興味がないのでは? という仮説です。

 

あとは、読者プレゼントにトヨタ車のミニカーがなかったのも応募が少なかった理由かもね。

なにはともあれ、トヨタ車オーナーの応募の少なさは意外でした。
さて、お次は【車種別順位】の発表です。

1位は…ホンダ『フィット』!

さすが人気車ですね。

今年の夏までにマイナーチェンジも噂されているから、今年上半期はさらに注目を浴びそうな一台ですね。
さらに【ボディタイプ別順位】では…。

1位はコンパクトカー(普通車)。
例えば『フィット』『ノート』『スイフト』などですね。昨今のコンパクトカーはゆったり広いし、燃費も良くてキビキビ走るから人気ですね。

2位が軽ハイトワゴン。
例えば『ムーブ』『ワゴン』『MRワゴン』『N-ONE』など、運転しやすくゆったりした軽自動車たち。

そしてSUVとミニバンが同着3位でした。
例えば『ヴェゼル』(SUV)や『フリード』(ミニバン)など。趣味趣向や家族構成によりセレクトする方が多いタイプですね。

 

また今回は、「新潟の冬には4WDが欠かせない」「親子、ジジババみんなが乗れればOK」「リフトアップしてます」「インチアップさせたい」など、さまざまなご意見もいただきました。

なかでも気になったのは「ホンダのディーラーさんはイケメンが多い」(新潟市東区・女性)という意見。

これに関して、実は某ホンダカーズのディーラーさんに「イケメンが多いらしいですが、本当ですか?」と取材をお願いしようとしたのですが、電話の向こう側で大ウケされるとともに丁重に断れてしまいました。

期待を裏切ると申し訳ないからだそうです(笑)。

 

でもって、今回投票してくれた皆さんのなかからカーオーナーさんの取材記事を展開してみたいと思い、只今交渉中です。

もしかしたら、あなたのところにCar&Life Niigataから取材依頼がいくかも!

そのときはぜひよろしくお願いします!

 

また、「今後こんな投票もしてみて!」などご意見・ご感想があれば、ぜひサイト内の「インフォメーション」→「お問合せ」から送ってくださいね。

 

※なお、プレゼント当選者の発表は商品の発送をもってかえさせて頂きます。

by
Car&Life Niigataの編集長。兼、新潟の情報誌『月刊にいがた』の編集部員。広告営業をメインに、読者投稿誌面「ヤングハイスクール」やカーライフ誌面などを担当。編集部イチのクルマ好き。入社以来23年、どんなに歳を重ねようがあだ名は「ヤング」。「新潟版図柄入りナンバープレート検討委員会」の委員を務める。
SNSでフォローする