珍車発見! イタリア生まれのオート三輪が新潟市江南区のレストランに!

人気イタリアン店頭に飾られている、小さくてかわいいクルマはナニ!?

新潟市江南区のイタリアンレストラン「ラト・リーチェ」に見たことがないクルマを発見!

お店は、JR亀田駅からアピタ新潟亀田店までの道沿いにあり、亀田駅前食堂と第四銀行の間にあります。

10月下旬にオープンし、ランチタイムは連日満員になるほどの人気店です。

さて、こちらのお店で軽自動車よりもさらに二周りは小さいであろうコンパクトな車両を発見。

車体の下を覗けばタイヤは三つ。前輪が1本で、後輪が2本。

クルマというよりは、ピザ屋さんのバイクにクルマのボディをかぶせたような感じ。

これはなんというクルマかと思って車両を見まわしたら『Ape』とありました。

「エイプ? ホンダのバイク?」

そこでお店のオーナーさんに取材してみたところ、これは『アペ』と読むそうです。

 

まるでベスパを箱に包んだような(?)オート三輪

オーナーさんいわく

「2年前にイタリアに行ったときに見たんです。結構街中を走っていましたよ」

「『アペ』は『ベスパ』と同じピアッジオ社の商品です。だからハンドルが『ベスパ』そのものですよ」とのこと。

なるほど確かにバイクのハンドルみたい。

まさに、イタリアの人気スクーター『ベスパ』の後輪を2輪にして、箱をかぶせたような車両ですね。

室内は定員は1名。

ハンドル下には2つのレバーがありますが、左側がギアで、右側のレバーはハンドブレーキのようです。

荷室はわりと容量たっぷりですね。

ちなみにナンバーは水色です。

水色のナンバーは「ミニカー」という登録で、この車両は50ccエンジンを搭載していて、運転するには原付免許じゃなくて普通免許が必要だそうです。

50ccの2ストロークエンジンを搭載していて、2サイクル用混合オイルの注入口は右側ドア付近(写真)にありました。

 

こちらのオーナーさんは、学生の頃から『ベスパ』に乗りたいと思っていたそうで、先に書いたように2年前にイタリアに行ったときに、この『アペ』に出会ったそうです。

でもって、新潟市東区のT.DRIVE(ティードライブ)さんから取り寄せてもらったとのこと。

T.DRIVEといえば、欧州の高級車や珍しいクルマなどを中心に扱い、販売からメンテナンス、そしてレストアも得意とする実力店ですよね。

また、ケーターハムセブン正規ディーラー店でもあります。

これまで何度も取材させてもらったことがありますが、おじゃまする度にすごい車がショールームや工場に入っているので、いつも心の中で「ヒェ〜!」「出た〜!」「なぜにココにあるの〜!?」など叫んでしまいます。

なので今回、T.DRIVEさんを通してこの車両を取り寄せたと伺ったときは、すんなり納得しました。

最後に、これはデリバリーなど実際に業務で使っているのかを伺ったところ、
「配達で使おうかと思ったけど、とても遅くて使えませんでした」とのこと。

かくして「お店のオブジェ」になったのでありました。

いやはやかわいいですね。

実車を見てみたい方は、ぜひお店に行ってみてください。

 

ラト・リーチェは「お米」を用いた独自のイタリアンが人気!

最後に今回、取材させていただいた感謝の意を込めて、ここからはお店の紹介コーナーです!

ラト・リーチェは新しいお米の消費スタイルをテーマに展開するイタリアンレストラン。

「お米のピューレ」を用いて作り出されるパスタはアルデンテ状態で、ピッツァはふっくらさっくりとした食感。

さらにジェラートやシフォンケーキ、プリンなどのスイーツ類も充実しています。

ランチタイムは連日多くの女性たちが訪れ大人気!

室内は2名、4名、6名など人数にあわせた造りで、奥には個室風スペースも完備しています。

テラス席もありますよ!

年末年始の飲み会や各種会合、春の卒業パーティ、卒園ママ会などにもおすすめですよ。

行ったときは、ぜひ「アペ」も見てみてくださいね。

 

◆店舗情報◆
お箸の国のイタリアン
Lato Riche(ラト・リーチェ)
新潟市江南区西町3-3-25
tel.025-288-5234
営業時間:11:30〜15:00(LO14:30)/18:00〜21:00(金・土曜は22:00まで)
月曜不定休  ※12/31(土)〜1/4(水)は休み
駐車場15台
<アクセス>
JR亀田駅から、国道49号線鵜ノ子インター方面に車で3分程度

by
新潟の情報誌『月刊にいがた』の編集部員。広告営業をメインに、読者投稿誌面「ヤングハイスクール」やカーライフ誌面などを担当。編集部イチの車好き。入社以来23年、どんなに歳を重ねようがあだ名は「ヤング」。
SNSでフォローする