新型プジョー『3008』は感性に響くデザイン・装備・走りが魅力

操る悦びをドライバーに感じさせるコクピット

ヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤー2017を受賞したプジョー『3008』が、今年3月ついに日本で発売されました。

というわけで今回はその『3008』に試乗です!

プジョー新潟さんからお借りした試乗車は限定車GT Line DEBUT EDITION』。

大きく厚みのあるフロントグリルやヘッドライト、リアコンビランプなど、先進的なデザインですよね。

運転席に座ってみると、感性をくすぐるようなパーツや装備が目の前に広がり、思わず「オォ〜」「ヘェ〜」と声が漏れてしまいました。

まず、何よりも私の好みだったのは、楕円気味でD形状の小径のステアリング。

たしか以前『208GTi』に試乗させて頂いたときも、こんなステアリングだったような。

個々で好みはあると思いますが、ステアリングはドライバーが運転中、常に手が触れる部分だからこそ、こんなスポーティな形状だと気分が盛り上がります。

SUVだから当然幅広い生活シーンにおいて快適な走りをこなすわけだけど、“運転の愉しさやドライビングプレジャーにも自信があるよ!” というアピールのようにも感じられました。

 

そしてステアリングの奥にみえるインパネ。

躍動感に満ちた美しい動きをするデジタルグラフィックスが、さまざまな情報を分かりやすく表示しています。


↑タコメーター(右端)や速度計(左端)がリストバンドみたいなグラフィックになってるんです。見えますか?

さらにダッシュボード中央に目を向けると、オーディオ、エアコン、ナビゲーションシステムなどをタブレット端末のように操作できる8インチ大型タッチスクリーンが立っています。

↑ちなみに設定によりエアコン吹き出し口からフレグランスの香りを出すこともできるんです。これにはびっくり。さすがフランス車ざんす!

 

そして、その下には、まるでピアノの鍵盤のようなトグルスイッチ。

プジョーだけに“ライオンの爪”をイメージしてたりして?なんて思ったけど、それは考え過ぎだろうけど。

カチカチ操作したくなるようなスイッチが、いっそうコクピット感を演出していますよね。

 

 

ガラスルーフを開ければさらに開放的な気分に

ドライバーズシートに座っただけで心が躍るような装備に感心しきりでしたが、加えて機能装備の充実ぶりも見逃せません。

その一つが開閉式ガラスルーフです。

この電動メッシュシェード付パノラミックサンルーフは、開口面積も大きくて爽やかな日射しが降り注ぎます。

リアシート頭上にまで及ぶので後部座席に座る人も、ゆったり&気分爽快になれそう!

さらに前半分はオープンになるんですよ!

今回試乗した限定車『GT Line DEBUT EDITION』にはオプション設定ですが、ぜひ選びたい装備ですね。

また、ハンズフリー電動テールゲートも魅力的な装備。

荷物を抱えていてもバンパーの下で足を少し動かせば、テールゲートが自動的に開くという優れもの。

思わず日産『セレナ』を思い出しましたが、要求の多い日本の消費者に対応するような快適装備もあるなんてぬかりがないですよね。

そのほか前方の車両や障害物との追突の危険回避や被害軽減を目的としたアクティブセーフティブレーキをはじめ、安全装備も充実していました。

 

SUVならではの快適さに加え、スポーティな味付けがいいね!

さて、いよいよお楽しみのドライブに出発です。

165psを発生する1.6ℓターボエンジンは、2.5ℓ自然吸気エンジン並みの24.5kgmの最大トルクを1400〜3500回転で発生。運転しやすそうですね。

そしてミッションは6速オートマチックを採用しています。

今回試乗した一般道ではパワー十分で、視界の高さもあって走りはとても軽快!

アルミや超高張力鋼板の採用で軽量化したプラットフォームのおかげもあって、このクラス(CセグメントのSUV)としては1460kgと軽量な点も、気持ち良い走りの理由だと思います。

さらに、そんなドライブをよりスポーティに感じさせたのが冒頭にもお伝えした小径レザーステアリング。

SUVの快適さにスポーティな味付けを演出してくれていると思いました。

握り心地の良い小さめのステアリングを操り、大きいボディをスイスイ動かすのはとても気持ちいいです。

パドルシフトも搭載しているので、ときどきマニュアル感覚のドライブも楽しみました。

ちなみに今回の試乗車にはトラクションコントロール機能を採用するなど、走りに関しても本格的な一面をもちます。

この日は晴れていたので試しませんでしたが、ドライバーに安定した走りをサポートするESCのオン・オフに加え、「スノー(雪)」「マッド(泥・ぬかるみ)」「サンド(砂地)」のモードを備えているんす。

さらに、新たに追加された「ヒルディセントコントロール」は、急な下り坂でも繊細のブレーキは不要。時速約5kmの低速で安定して下降することを助けてくれます。

正直なところ試乗する前は、ゆったり快適でオシャレなフランスのSUVというイメージを抱いていましたが、乗ってみたら予想を越える軽快さと愉しさを持っていることに驚きました。

皆さんもヨーロッパが認めた最新SUV、プジョー『3008』の世界を試乗して味わってみてください。

興味がある方はプジョー新潟さんまで。

by
Car&Life Niigataの編集長。兼、新潟の情報誌『月刊にいがた』の編集部員。広告営業をメインに、読者投稿誌面「ヤングハイスクール」やカーライフ誌面などを担当。編集部イチのクルマ好き。入社以来23年、どんなに歳を重ねようがあだ名は「ヤング」。「新潟版図柄入りナンバープレート検討委員会」の委員を務める。
SNSでフォローする