【ドライブ×春スイーツ】新潟&長岡の人気店新作4メニュー

おいしいスイーツを求めて春のドライブにでかけませんか?

新潟県内人気店の新作スイーツを紹介します。

見た目でも味でも、「春」を存分に感じてください。

※月刊にいがた4月号「春はスイーツ!」特集より作成

Lutéciaの『プレミアムショートケーキ』

厳選素材で作る至極のショート

揺るぎない素材へのこだわりと、時代の一歩先行く創造性でオープンから26年、現店舗への移転から18年にわたり、新潟で常にトップを走り続ける洋菓子店。

その姿勢を一点に集中させたケーキが誕生した。

徳島の和三盆糖、北海道阿寒地域の原乳を使用したフレッシュクリーム、その時期一番おいしいイチゴなどの素材を用い、最高の技術で作り上げたラグジュアリーな一品。

箱を開けた瞬間の香りから違いが分かる。

1,080円で、販売は土・日曜、祝日限定各日8個。

↑通常20~25 品をラインナップ 

↑スーシェフ・田中光昭さん。ケーキの仕上げから商品開発まで、現場を仕切る若頭

Lutécia(ルーテシア)
新潟市中央区上近江3-3-19
tel.025-288-0003
10:00~18:30
火休ほか
P15台

Sweets House Montageの『ストロベリー』

華やかな桜色の4層ケーキ

10年超にわたり専門学校で講師を務め、国内外のさまざまなコンクールで受賞経験を持つ店主の高橋さんが手掛ける春の新作は、華やかな桜色が特徴的な『ストロベリー』(421円)。

フレッシュなイチゴのムースとジュレに、ホワイトチョコとココナッツのムース、ラズベリーのスポンジ生地を重ねている。

甘さを抑え、さわやかな味わいに。

また、好みの生地、クリーム、フルーツジュレを組み合わせて作る「デコレーションスイーツ」(800円~)はこの店ならではの魅力的なメニュー。

↑店主の高橋香さん。女性パティシエの世界大会に日本代表として出場 

↑季節ごとに新商品が登場。HPでチェックを

Sweets House Montage(スイーツ ハウス モンタージュ)
新潟市中央区幸西3-6-25・1F
tel.025-383-6034
11:00~18:00
月火休
P3台

Plaisirの『ルビー』

注目のルビーチョコレートを使用

開店25周年を迎えたプレジール。岡村代表が作り出す鋭いデザインのケーキは常に多くのファンを魅了する。

新作として紹介してくれたのは、話題のルビーチョコレートを使った一品。

透明な皿にはレモンのジュレで固めたイチゴが。

その上に、プチガトーとしては大きめな、直径8センチの白いチョコレートケーキがのる。

中はイチゴとベリーのクリームやライチとベリーのジュレ、そしてフルーティなルビーチョコレート。

皿盛りデザートをイメージしたひと皿で、972円。

↑総勢20 名のスタッフが販売・製造にフル回転

↑「記憶に残る」をキーワードに作り出されるケーキの数々が並ぶ

Plaisi(プレジール)
新潟市西蒲区巻甲62-1
tel.0256-72-0556
10:00~19:00
月不定休
P20台

パティスリー アニヴェルの『プリムヴェール』

春を感じるさわやかスイーツ

「初心を忘れず、新しいことにも挑戦」をモットーとするシェフが手掛けるのは、素材のおいしさをいかした洋菓子。

旬の果物を使った華やかなケーキやギフトに最適な焼菓子などが揃う。

「新緑の芽吹き」をイメージした『プリムヴェール』(464円)は、鮮やかな色合いが春らしい。

香りのよいハチミツとナッツのムース、アカスグリとライチのムースとジュレなどの美しい層が目を引く。

ムースの口溶けのよさとアカスグリのさわやかな酸味で、食べやすく仕上がっている。

↑スタッフの明るい接客も魅力

↑シンプルなケーキ類をメインに、季節の素材を使ったものも多数並ぶ

パティスリー アニヴェル
長岡市川崎町865-2 ルージェスKawasaki内
tel.0258-86-1525
9:30~19:00
水休ほか
席4
P80台(共有)

 

【お知らせ】
「Car&Life Niigata」では、あなたの新車選びをお手伝いするサービス「新車の相談窓口」を実施しています。

新車の相談窓口

これから新車を買うけど、詳しくないから何を選べばいいか分からない…なんて方はぜひ参考に。

ライフスタイルや家族構成などを踏まえ、さまざまなメーカーからオススメの車を選びます。

もちろん利用料無料!
※利用は新潟県内にお住まいの方限定となります。

by
Car&Life Niigataの編集長。兼、新潟の情報誌『月刊にいがた』の編集部員。広告営業をメインに、カーライフ誌面「このクルマ このシーン」などを担当。編集部イチのクルマ好き。入社以来24年、どんなに歳を重ねようがあだ名は「ヤング」。「新潟版図柄入りナンバープレート検討委員会」の委員を務めた。
SNSでフォローする