晩秋の弥彦ドライブ【厳選3スポット +定番&注目5スポット】

古くから信仰されている彌彦神社を中心に、観光スポットとして人気の弥彦村。ご当地グルメを味わいながら紅葉も美しい秋の弥彦を堪能できるドライブに出かけませんか?

まずは厳選3スポットを紹介します。

ライトアップされた紅葉も必見!

[弥彦公園]

滝や渓流、高台、トンネルなどが、豊かな自然の中で美しい調和を保つ弥彦公園。なかでも、秋の「もみじ谷」は紅葉の名所として知られ、赤や黄色に彩られた木々と朱色の観月橋のコントラストは絶景だ。10月28日(土)から11月23日(祝)までは、「もみじ谷」のライトアップを実施中。美しく照らされた紅葉を楽しんで。


↑「もみじ谷」にある、昔の木橋を再現した「観月橋」から見る紅葉は絶景! ゆっくりと散策しながら、秋らしい景色を満喫して

弥彦公園
●西蒲原郡弥彦村弥彦
tel.0256-94-3154(弥彦村観光協会)
終日開放
駐車場300台

弥彦産の食材や県内の特産品がズラリ

[おもてなし広場 農産物直売所やひこ]

弥彦村や周辺地域で採れた野菜や、地元で栽培された『伊彌彦米』、県内各地の特産品などを販売。イートインスペースでは弥彦産米を使った『塩(えん)むすび』(2個180円)や、具だくさんの『豚汁』(120円)も提供している。弥彦散策の休憩がてら、ぜひ立ち寄って。


↑『塩むすび』には笹川流れの藻塩を使用。秋は『焼芋』(200円)や、県産キノコを使った『きのこごはん』(300円)も提供される


おもてなし広場 農産物直売所やひこ
●西蒲原郡弥彦村弥彦1121
tel.025-77-8578
10:00~18:00
無休
席数16
駐車場50台

名物『イカメンチ』と『わっぱ飯』は必食!

[わっぱ飯と割烹の吉田屋]

元は鮮魚店ということもあり、提供されるのは確かな目で厳選した新鮮な魚介を使った和食の数々。看板メニューは鮭とイクラの風味が豊かな『わっぱ飯』。また、ミンチ状のイカのゲソと地元の枝豆を練り込んだ、風味も食感も楽しい『やひこ娘イカメンチ』も人気だ。

↑上写真は『特製わっぱ飯膳とお刺身プチ盛りセット』(2,160円)。下写真は手前から『やひこ娘イカメンチ』(648円)と『大判イカメンチ』(648円)


わっぱ飯と割烹の吉田屋

●西蒲原郡弥彦村大字弥彦941-2
tel.0256-94-2020
10:00~15:00/17:00~21:00(LO20:00)
不定休
席数50
駐車場10台

弥彦に来たらこちらも立ち寄りたい【定番&注目5スポット】

彌彦神社[神社]


古くから多くの人々に信仰されてきた彌彦神社は「おやひこさま」の愛称で親しまれており、新潟を広く治めている越後一宮。拝殿の参拝はもちろん、持ち上げて軽く感じれば願いが叶うという『火の玉石』、女性に人気の『縁結び絵馬』など、楽しめるポイントもたくさん。
●西蒲原郡弥彦村大字弥彦2887-2
tel.0256-94-2001
駐車場1,000台

 
弥彦桜井郷温泉 さくらの湯[日帰り温泉施設]

弥彦山ふもとに湧く、弥彦桜井郷温泉の立ち寄り湯。厳選100%かけ流しのお湯を多彩な浴槽で楽しめる。浴衣の貸出、岩盤浴やヒーリングルームなど、女性にうれしいポイントも多い。
●西蒲原郡弥彦村大字麓1970
tel.0256-94-1126
10:00~22:00
不定休
入浴料:大人1,000円、小学生570円(平日17:00以降は大人600円、小学生370円)
駐車場250台

 
社彩庵[和カフェ]


彌彦神社の一之鳥居の真正面にある築150年を超える古民家を移築した雑貨店2階のお店。宇治の高級抹茶や丹波大納言小豆など、厳選素材を使った上品な甘さの和スイーツが味わえる。凛とした和の情緒あふれる空間も満喫して。
●西蒲原郡弥彦村弥彦1240-1 ひらしお2F
tel.0256-94-2162
10:00~19:00(LO18:30)
木曜定休
席数30
駐車場4台

 
分水堂菓子舗[菓子店]


50年以上続く老舗店の名物は、2010年に「ニッポン全国ご当地おやつランキング」で1位を獲得した『パンダ焼き』。米粉を使ったモチモチの生地に、地元産枝豆のあんを入れた『弥彦むすめ』(1個150円)が定番。
●西蒲原郡弥彦村弥彦1041-1
tel.0256-94-2282
9:00~16:00(材料がなくなり次第終了)
水曜、第3木曜定休
駐車場なし

 
弥彦の丘美術館


自然豊かな丘の上に建つ小さな美術館。日本画、洋画、書など、県内作家の作品を中心に展示。11月11日(土)からは、『有元利夫 版画の世界̶—中村 玄 コレクション展̶—』を開催中。
●西蒲原郡弥彦村弥彦2502-1
tel.0256-94-4875
9:00~16:30
会期中は無休(展示入れ替え期間は休み)
入館料:大人300円、小・中学生150円
駐車場40台(共有)

 

※月刊にいがた11月号をもとに作成

by
Car&Life Niigataの編集長。兼、新潟の情報誌『月刊にいがた』の編集部員。広告営業をメインに、読者投稿誌面「ヤングハイスクール」やカーライフ誌面などを担当。編集部イチのクルマ好き。入社以来23年、どんなに歳を重ねようがあだ名は「ヤング」。「新潟版図柄入りナンバープレート検討委員会」の委員を務める。
SNSでフォローする