話題のダムカレーを求めてドライブへ【おすすめ3カレー】

“施工”に独自の工夫あり! “放流”の瞬間はテンションアップ

恥ずかしながら私、「ダムカレー」が人気だって最近知りました。

ダムをモチーフにしたカレーで、ご飯が水を堰き止める構造物(ダム)で、カレーが貯水池(ダム湖)なんですね。これはおもしろい! さらに「日本ダムカレー協会」という団体が存在するほど盛り上がっていることも驚きでした。

そこで兄弟メディア「月刊にいがた7月号」の誌面を再編集して、新潟県内のおすすめダムカレーを3つ紹介します!

「所詮はカレーでしょ?」なんて侮るなかれ! 各店、唯一無二のダムカレーで“施工”に工夫を凝らしているんです。見て楽しい&食べておいしいダムカレーを目当てに、ドライブへGO!

 

三国川ダムカレー(各880円/しゃくなげ観光センター

岩石や土砂を積み上げて建設する「ロックフィル」という型式の三国川ダムを模したもの(手前)と、里山の自然保護をイメージしたもの(奥)の2パターンを提供。

 

↑ポテトを取るとカレーの湖が放流〜!

 


↑三国川ダム(「みくにがわダム」ではなく「さぐりがわダム」ですよ。念のため)。ちなみにダム内部は見学可能です。

 
【三国川ダムカレーを提供しているのはココ】
しゃくなげ観光センター
(しゃくなげかんこうセンター)

三国川ダムに寄ったらココ! 精進料理やダムカレーが食べられる

三国川ダム湖畔にある、おみやげコーナーや食事スペースを備えた観光センター。名物は三国川ダムを模した『三国川ダムカレー』。ポークまたはビーフを使ったカレーに、地元で採れた旬の山菜で彩りをプラス。カレーは中辛のほか、甘口の『お子さまダムカレー』(500 円)も用意。ほかにも、南魚沼エリアの精進料理のひとつ『けんちょん汁』(450 円)も味わえる。

南魚沼市舞台745-48
tel.025-774-2200
10:30〜15:00(売店は16:00まで) 火・水曜定休
席数30
駐車場20台

 

アスパラダムカレー(950円/TAICOや)

新発田産のアスパラがそびえる『アスパラダムカレー』。中央には紫黒米を白米に混ぜたライスを、ダムのごとく強 固に成型したライスダム(笑)が鎮座。それをハンバーグで覆って高さをプラス。提供は9月30日(土)まで。


↑食べたらもらえるダムカレーカード

 

↑内の倉ダム。ダム堤体の内部が空洞になっている「中空重力式」という構造は国内でも珍しく、新潟ではここだけ

 

【アスパラダムカレーを提供しているのはココ】
TAICOや
(タイコや)

やさしいオーナー夫妻の手作り料理をどうぞ

期間限定のアスパラダムカレーのほか、『週替わりパスタ』やサンドイッチなどの手作り洋食を提供するカフェ。仲良しのオーナー夫妻の心地よい接客と落ち着いた店内の雰囲気に、初めての人でも常連のように和めちゃうはず。

新発田市中央町1-2-1
tel.0254-26-6269
11:00〜17:00
日曜定休
席数20
駐車場なし

流れるダムカレー(880円/奥只見レイクハウス

「ウインナーを抜いたらルーが放流する」という仕掛けの楽しさはもちろん、注目はライスの形! ダムの傾斜と堤頂部の歩道の再現度は(カレーだけに)「華麗」のひとこと。バター風味のライスと甘口のカレーだから子供にもおすすめ。

 

↑勢いよくルーが放流! 甘口で食べやすいカレーです。

 

 

↑約18kmにわたるトンネル群を越え、秘境奥只見へ。奥只見ダムは、ダム高と総貯水容量が日本最大級!

 
【流れるダムカレーを提供しているのはココ】
奥只見レイクハウス
(おくただみレイクハウス)

ダムカレーと元気なアナウンスでお出迎え

奥只見シルバーラインの終点にある休憩スポット。名物は『流れるダムカレー』。食後にぴったりの『山ぶどうソフトクリーム』が人気だ。食事処の窓からはダムを見ることができるので、ダムを眺めつつ食事しよう。

魚沼市奥只見
tel.025-795-2445
8:30〜16:30
不定休
席数68
駐車場200台

 

※月刊にいがた2017年7月号をもとに作成。

 

by
Car&Life Niigataの編集長。兼、新潟の情報誌『月刊にいがた』の編集部員。広告営業をメインに、読者投稿誌面「ヤングハイスクール」やカーライフ誌面などを担当。編集部イチの車好き。入社以来23年、どんなに歳を重ねようがあだ名は「ヤング」。
SNSでフォローする